Apple Silicon Mac、スタートアップのキーコンボを捨て、ターゲットディスクモードを変更

Apple Silicon Mac、スタートアップのキーコンボを捨て、ターゲットディスクモードを変更

復元やターゲットディスクモードの起動キーが変更

AppleのSilicon Macでは、長年のユーザーインターフェイスの方法がいくつか変更され、復元やターゲットディスクモードの起動キーの組み合わせが大幅に変更されています

スタートアップマネージャで代替ボリュームからMacを起動したり、macOSのリカバリモードで起動したり、ターゲットディスクモードやセーフモードで起動したりする既存の方法では、再起動時に特定のキーを押し続ける必要がありました

Apple Silicon Macでは、このプロセスが劇的に合理化されています

新しいハードウェアでは、電源ボタンを押し続けるだけで、OSの復元や再インストールなどの起動オプションがグラフィカルに表示されます

Macを外付けハードドライブに変えてハードドライブにアクセスする「ターゲットディスクモード」も、新しい「Mac共有モード」に置き換えられます

ディスクを別のMacに直接接続する必要のあるマウント可能なローカルボリュームとして共有するのではなく、マシン上のユーザーデータにファイルレベルでアクセスできるSMBネットワークファイル共有を設定し、アクセスにはユーザー認証が必要となります

スポンサーリンク

データ保護機能

iOSデバイスから始まったもう一つの機能であるデータ保護機能は、Appleのシステムオンチップに組み込まれたハードウェアによる高速暗号化をサポートしているため、AppleのシリコンMacでも利用できるようになります

この機能は、デフォルトでデータボリュームの完全な暗号化を可能にし、盗難されたデバイスがハッキングされてプライベートデータにアクセスすることを防ぎます

ユーザーはFileVaultをオンにして、この暗号化をローカルアカウントの認証情報に結びつけることができます

この機能は、AppleのT2チップを搭載した最近のIntel Macではすでにサポートされています

WWDCのセッションで詳しく説明されていたように、AppleのシリコンMacには、これらのボリュームが破損した場合にmacOSとシステムリカバリーを再インストールするために使用できる隠しシステムリカバリーパーティションも含まれているとのことです

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)