【iOS 13】SafariでWebページをPDFとして保存する方法

【iOS 13】SafariでWebページをPDFとして保存する方法

先日、iOS 13で注目すべきSafariの機能を紹介しました

システム内蔵のスクリーンショット機能が拡張され、SafariでWebページを複数ページのPDFで保存する機能が含まれています

ChromeなどのWebブラウザでは利用できず、Appleの純正のSafariだけです

  1. iPhoneまたはiPadでSafariを起動します
  2. 目的のWebサイトを表示したらスクリーンショットを撮影します
  3. Touch IDの機種は、「スリープ/スリープ解除」ボタンと「ホーム」ボタンを、Face IDの機種は「電源」ボタンと「音量アップ」ボタンを同時に押します

    Web to PDF 00001 z

  4. スクリーンショットのプレビューが左下にポップアップ表示(5秒間)されるので、タップします
  5. Web to PDF 00002 z

  6. インスタントマークアップインターフェイスを開きます、上部に「スクリーン」タブと「フルページ」タブが表示されます
  7. Web to PDF 00003 z

  8. 「フルページ」タブをタップし、左上「完了」をタップします
  9. Web to PDF 00004 z

  10. 「PDFを”ファイル”に保存」をタップします
  11. 保存する前に、マークアップを使用して編集することができます

    Web to PDF 00007 z

スポンサーリンク


また、右上の「共有」ボタンをタップして、共有シートから共有デバイス、共有アプリ、共有相手などを選択することもできます

Web to PDF 00008 z Web to PDF 00005 z

以上の場合は、フルページが1枚のPDFで保存されます

分割して1ページ毎のPDFにしたい場合は、下記のChromeの方法でSafariでもできます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)