macOS Sierraでは、殆どのアプリでタブが利用出来るようになる

macOS Sierraでは、殆どのアプリでタブが利用出来るようになる

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

タブ



3年前の OS X MavericksのFinderから「タブ」が利用出来るようになったのですが、アプリ独自が実装していない限り現在のOS X El CapitanではSafariくらいしか「タブ」を利用出来ていません

このタブを macOS Sierra ではシステムで実装し、Appleはサードパーティーに必要なツールはすべて提供しているそうです
(この画像は「Sketch」のようです)
MacOS Sierra Tab 004

「システム環境設定」>「Dock」では「書類を開く時はタブで開く:」の項目が在ります
(この画像では「常に」が表示されていますが他にも「フルスクリーン時のみ」「手動」があるようです)
MacOS Sierra Tab 006



スポンサーリンク




この画像は「Pages」の様ですがタブが表示されています
MacOS Sierra Tab 002

「テキストエディット」にはメニューの「表示」に「タブバーを表示」のメニューがあります
MacOS Sierra Tab 007

(画僧はすべて”MacGeneration”より)




「タブ」操作のビデオも在りますが、これをみると「Finder」「Safari」と同様の操作が出来るようです

(Via macOS Sierra ajoute des onglets (presque) partout | MacGeneration: “MacGeneration”



期待



実際に「Finder」や「Safari」では「タブ」をとても便利で利用していますので、これらと同様の操作が他のアプリケーションでも利用出来るのは、期待が多いです

特にAppleが「必要なツールはすべて提供している」との事なので、サードパーティーののアプリケーションもmacOS Sierraのリリースに合わせて対応してくれるのではないかと思います













LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)