macOS 12.3ベータ版でAirPodsのファームウェアがMacからアップデート可能に

macOS 12.3ベータ版でAirPodsのファームウェアがMacからアップデート可能に

AirPodsのファームウェアのアップデートは、新しいファームウェアをダウンロードしてインストールするためのマニュアルがなく、またアップデートの進行状況を示す指標もないため、かなりわかりにくいものです

そんな状況が続く中、macOS 12.3ベータ版では、ついにMacからAirPodsのアップデートができるようになりました

本日、開発者にリリースされたmacOS Monterey 12.3 betaに、9to5MacはAirPodsのファームウェアをアップデートするためのフレームワークが搭載されていることを確認しました

これまでは、これらのアップデートはiPhoneやiPadからしか行えませんでした

9to5Macが行ったテストでは、macOS Monterey 12.3 betaを実行するMacを使用して、ペアのAirPods Proを利用可能な最新のファームウェアバージョンにアップデートすることに成功しました

残念ながら、アップデートプロセスはiOSと同様に自動的に起動するため、アップデートが利用可能になったタイミングや、Macがアップデートをダウンロードしているタイミングを知る方法はありません

スポンサーリンク


Appleによれば、AirPodsのファームウェアのアップデートは、イヤホンがAppleデバイスにBluetoothで接続されたときにインストールされるとのことです

AirPodsが電源に接続されていると、このプロセスを助けることができます

iPhoneやiPadとは異なり、MacではAirPodsの現在のファームウェアのバージョンが表示されません

それでも、Macを使ってAppleの真のワイヤレスヘッドフォンをアップデートできる機能は、特にiOSデバイスではなくMacしか持っていない人にとって、ないよりはましと思われます

(Via 9to5Mac.)

自動アップデートだけなら、ほとんど意味がないような…、何故iPhoneやiPadで手動でアップデートできないのか、不便でホンマ悩ましい











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)