「タップでクリック」機能、macOS Monterey 12.1でも一部のユーザーで機能しない

「タップでクリック」機能、macOS Monterey 12.1でも一部のユーザーで機能しない

MacBookのトラックパッドやAppleのMagic Trackpadに関連する「タップでクリック」エラーは、macOS 12.1では過去のものになるだろうと考えられていました

その後問題の報告数が大幅に減少したにもかかわらず、Appleは明らかにエラーを完全に取り除くことができていません、少なくとも一部のユーザーは、Macのシステム設定にある「タップでクリック」と呼ばれる機能が動作しないままです
Tap to Click 001
この問題は、Macがトラックパッド上で指でクリックしたことを記録していないという事実に現れており、トラックパッド上の他の場所を時々繰り返しタップするか、もっと強く押して実際のクリックをトリガーしなければなりません

以前と同様に、このエラーは特に、「タップでクリック」がキー操作と同時に行われた場合に発生します、たとえば、Safariで「コマンド」+「クリック」を実行して新しいタブでリンクを開く場合などです

スポンサーリンク


macOS 12.1のアップデートのリリースノートのバグ修正項目に「トラックパッドがタップやクリックに反応しなくなる可能性がある問題」の記述があり、これですべてのユーザーに対して不正な動作が恒久的に修正されたのではという期待が高まっています

しかし、これは事実ではなく、一部のMacユーザーは、macOS 12.1の下でさえ、この点に関して持続的な問題について不満を述べています

従来のクリックに代わるクイック入力

「タップでクリック」機能は、Macトラックパッドのオプションの環境設定です、この機能が「トラックパッド」システム環境設定の「ポイントとクリック」項目で有効になっている場合は、「リアルクリック」の代わりに指でトラックパッドを軽くタップすれば十分です

2つの選択肢のどちらを選ぶかは、究極的には習慣の問題でもありますが、多くのMacユーザーは「タップでクリック」方式の方が高速で生産性が高いと感じています

(Via ifun.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)