macOS Mojaveのダークモードに関する考え

macOS Mojaveのダークモードに関する考え

今秋にリリースされるmacOS Mojaveでの最も明らかな変更はダークモードです、いつものように、Appleはそのデザインを熟考し、ダークモードは単なる色反転ではありません

Appleが2014年にOS X YosemiteでmacOSをリニューアルしたとき、それはあまり野心的ではないバージョンの機能を含んでいました

OS X Yosemiteの「ダークモード」はメニューバー、Command + Tab UI、ドロップダウンメニュー、Dock、Spotlightにのみ影響しますが、Finderウィンドウから組み込みのアプリケーションまで、システム環境設定に関係なく、通常の明るいままでした
MacOS Mojave of Dark Mode 001 z
macOS Mojaveのダークモードを使うと、Appleのダークモードをもっと良く知ることができます
MacOS Mojave of Dark Mode 002 z

なぜ、ダークモードなのか?

AppleはWWDCでの「ダークモード」の紹介のセクションで、3つの大きな指針を与えました

  • ダークなインターフェイスは、クール
  • ダークなインターフェイスは、反転ではない
  • ダークモードは、コンテンツにフォーカスする

最初の点は、反論し難いのでそのままにしておきます

2番目の点は興味深いです
macOS UIを反転させたことがない場合は、「システム環境設定」>「アクセシビリティ」>「ディスプレイ」で「カラーを反転」を選択して見てください、要するに、すべてが厳密に逆さまになり、物事が変わってしまいます、macOS High Sierraでは次のようになります
MacOS Mojave of Dark Mode 003 z
最後のポイントは、「ダークモードは、コンテンツにフォーカスする」は、Appleのモダンな設計言語で、同社はこのことを言うことが好きですが、ユーザーのコンテンツを輝かすことができます

Appleの「ダークモード」はうまくいくと思います
MacOS Mojave of Dark Mode 004 z
目はFinderのサムネイルに自然に描画され、プレビューのウィンドウクロムは開いているドキュメントと競合しません

Final Cut ProやLogicなどのアプリには暗いモードが付属しています、今や誰もがバックグラウンドにUIのフェーディングを享受することができます

スポンサーリンク

カバーの下に

これを達成するために、AppleはmacOSにまったく新しいアピアランスを導入しました、2001年以来使ってきた “Light Mode”はNSAppearanceの「アクア」として知られています

アピアランスの単なる反転と違い、Appleはこれを実現するために細部まで細かくチューニングを施しています

たとえば、明るいと暗い外観の間でウィンドウの影が異なります。 ダークモードでは、少し鮮明で少し不透明で、ウィンドウの端を囲むストロークがあり、より明確に見えるようになります

これのもう1つの例は、Desktop Tintingです、これはAquaがダークモードで使用されるグレーを現在のデスクトップピクチャとより調和させるために使用するテクニックです

次の例では、2つのウィンドウの色温度がその下の壁紙によって調整されていることがわかります
MacOS Mojave of Dark Mode 005 z
これは、Finderのサイドバー、Spotlight、通知センターなどの場所で使用されている素材を通して、背景色をさらに増加することができる「鮮やかさ」と同じではありません
MacOS Mojave of Dark Mode 006 z
しかし、目を引くものがありました

最大の理由は、すべてのアプリが常にユーザーが設定したアピアランスに従うというわけではありません、以前のように、Appleは、メディアに焦点を当てたツールは常に暗くなければならないと考えています
私はFinal Cut Pro Xのように光のテーマを得ることは予期していません

Appleは開発者にアプリケーションのセクションでLight アピアランスを使用できるようにしました、1つの例はMailです
これはメッセージのライト アピアランスを使用できますが、ウィンドウのクロムのDark アピアランスはシステムと一致しています
MacOS Mojave of Dark Mode 007 z
これにより、一部のユーザーにとってテキストと添付ファイルをより簡単に表示できます

スポンサーリンク

アクセントに関する注意

macOS Mojaveはアクセントのコンセプトも紹介しています

これにより、「システム環境設定」>「一般」でいくつかの変更が行われました
MacOS Mojave of Dark Mode 008 z
古い「ブルー」と「グラファイト」の外観は消え、LightとDark アピアランスに置き換えられました、もちろん、「メニューバーとDockを暗くする」チェックボックスも過去のものです

8つのアクセントカラーは、実際にはアピアランスの旧バージョンの拡張です、これらのオプションはドロップダウンメニュー、チェックボックスなどの外観を変更します
Light and Dark アピアランスの両方で入手可能で、実際にmacOSの感触を変えることができます
MacOS Mojave of Dark Mode 009 z
MacOS Mojave of Dark Mode 010 z
ハイライトのカラーは以前のバージョンのMacOSと同じです、同じようにテキストの選択に使用されます

グラファイトの特殊ケース

8つのアクセントのうち、最後の1つのGraphiteだけが灰色のウィンドウコントロールをトリガーします、他の7つは、以前のブルーアピアランスからの赤、黄、緑の “ストップライト”の外観を保持しています

このアクセントはまた、デスクトップティントを無効にすることになっていますが、それはmacOS Mojaveの最初の開発者ベータでは機能していないようです

スポンサーリンク

アクセシビリティモード

macOS MojaveはmacOS High Sierraのさまざまなユーザー補助機能の表示設定を保持しています

オプションのAppleデバイスでは、透明度の低下モードを有効にします、Appleの活気のある素材はスクリーンショットで素晴らしいと思うが、実際には、それらは気を散らします

macOS Mojaveでは、アクセシビリティ設定の環境設定ペインで「透明度を下げる」をクリックすると、これまでと同じようにビブラシーが無効になり、デスクトップティンティングの影響は軽減されますが、完全に消滅しません

macOS High Sierraと同様に、Dockとメニューバーもより不透明になります
MacOS Mojave of Dark Mode 005 z

Dark アピアランスを実行している時は、「コントラストを上げる」オプションも表示され、これまでと同様にウィンドウ、コントロールなどの概要を示します
MacOS Mojave of Dark Mode 006 z

画像元:512 Pixels
(Via 512 Pixels.)


Appleのこの様な細部までの拘りが、Appleに魅了される一つの要因ではないかと私は思っています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)