「macOS High Sierra」で空のパスワードで管理者としてアクセスできるバグを修正する方法

「macOS High Sierra」で空のパスワードで管理者としてアクセスできるバグを修正する方法

新たに発見されたmacOS High Sierraのバグにより、個人データが危険にさらされる可能性があります

管理者として

発見されたこのバグは、パスワードなしでユーザー名「root」を使用して誰でも管理者アカウントにログインできるようになります

これは、ロックされていないMacで管理者のアカウントにアクセスしようとするときに機能し、ロックされたMacのログイン画面でもアクセスできます

ゲストのユーザーアカウントへのアクセスを無効にしていない、またはルートパスワードを変更したユーザー(ほとんどのユーザー)は、現在この脆弱性に対して未対応です

スポンサーリンク

アップルの公式修正がリリースされるまで、自分自身を守る方法

macOS High Sierraでゲストユーザーを無効にする方法

  1. 「システム環境設定」を起動します
  2. 「ユーザーとグループ」を選択します
  3. 左下の鍵アイコンをクリックしパスワードを入力し解除します
  4. 「ゲストユーザ」を選択します
  5. 「ゲストにコンピュータにログインすることを許可」のチェックを外します
  6. MacOS High SierraBug1129 002a

ルートパスワードを変更

  1. 「ステム環境設定」を起動します
  2. 「ユーザーとグループ」を選択します
  3. 「ログインオプション」を選択します
  4. 「ネットワークアカウントサーバー:」の横の「接続…」を選択クリックします。
  5. 「ディレクトリーユーティリティを開く…」を選択します
  6. 左下の鍵アイコンをクリックしパスワードを入力し解除します
  7. 「ディレクトリユーティリティ」のメニューバーの「編集」>「ルートパスワードを変更…」を選択します
  8. MacOS High SierraBug1129 003

  9. 強力でユニークなパスワードを作成します

今のところ、「macOS High Sierra」正式版と開発者およびパブリックベータ版共に存在します

Appleから修正版がリリースされるまではこの方法で対処できます

(Via 9to5Mac.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)