macOS Big SurはAPFSフォーマットのドライブ上でTime Machineをサポート、ただし問題も

macOS Big SurはAPFSフォーマットのドライブ上でTime Machineをサポート、ただし問題も

AppleはmacOS 10.13 High Sierraで、Macを古いHFS+ファイルシステムからより洗練されたAPFSフォーマットへの移行を開始しました

このリリースでは、すべてのSSDベースのMacがAPFSにアップグレードされました、Fusion Driveに続いてmacOS 10.14 Mojaveがアップグレードされました、しかし、最初のAPFSが登場してからTime MachineのバックアップがAPFSでフォーマットされたドライブに書き込めるようになるまでには、完最初のAPFSの登場から3つのリリースが必要でした

しかし、Time MachineドライブをAPFSにフォーマットする場合、考慮すべき点がいくつかあります

HFS+Time Machineボリュームを、消去せずにAPFSを使用するボリュームに変換する方法はありません

Appleは、Time Machineのスナップショット形式をAPFS形式の中に包含するという非常に奇抜な方法を作成しましたが、これはまるで同社がAPFSとTime Machineの両方を開発していないかのようです


それは問題ではありません、しかし、ドライブをHFS+からAPFSに移行する場合は、ドライブを再フォーマットする必要があり、これにより、Time Machineバックアップがすべて消去されます、構造的な違いがあるため、HFS+からAPFSにコピーすることもできません

APFSはSSDベースのストレージにはメリットがありますが、大容量のバックアップドライブに使用される可能性が最も高い種類のハードディスクドライブにはメリットがありません

APFSでフォーマットされた新しいTime Machineボリュームを設定しますが、古いものをHFS+から変換することはしません

macOS Big SurのAPFSベースのTime Machineバックアップは、Catalinaやそれ以前のリリースでは使用できません

これは言うまでもありませんが、混合システムのセットアップをしている人が十分に知っています

APFSは、ディスクを1つまたは複数のコンテナに分割します、各コンテナには1つ以上のボリュームがあり、各ボリュームには、ボリュームの種類を定義する「ロール」があります

コンテナに割り当てられたスペースを動的に共有する複数のボリュームをコンテナに含めることができます、つまり、事あらかじめ指定されたボリュームにストレージスペースを割り当てる必要がありません


これはTime Machineのスナップショットと増分バックアップ用に設計されたもので、Catalinaやそれ以前のリリースでは事実上読めません、また、Appleはこのロールタイプをバックポートする理由もありません

バックアップに使用されていないボリュームとディスクを共有することができる

Appleは、Time Machineでサポートされているディスクフォーマットの種類を説明するページのBig Surガイドの中で、バックアップには「ディスク」全体を必要とすると書いています、これは間違いのようです

これはコンテナ内の単一のAPFSボリュームなので、「ボリューム」と読むべきであり、それがどのように動作するかに基づいて、Appleは、バックアップの役割でマークされ、Time Machineに使用されるボリュームに他の種類のデータを保存できないことを意味します

しかしAppleは、同じディスクにデータを保存したい場合は、ディスクユーティリティでボリュームを追加することを提案しています、このボリュームには通常のデータが格納され、バックアップボリュームとは独立して使用することができます

(Via Macworld.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)