M1 Max MacBook ProのGeekbenchスコアが初公開、M1に比べてマルチコア性能が2倍に向上

M1 Max MacBook ProのGeekbenchスコアが初公開、M1に比べてマルチコア性能が2倍に向上

M1 ProとM1 Maxを搭載した新しいMacBook Proの発表会の直後に、10コアのCPUと32コアのGPUを搭載したハイエンドの「M1 Max」チップの最初のベンチマークが公開されました

このチップのシングルコアスコアは1749、マルチコアスコアは11,542で、13インチMacBook Proに搭載されているM1チップの2倍のマルチコア性能を実現しています

M1 Max MacBook Pro Geekbench

スポンサーリンク


これらの数値から、M1 Maxは、インテルのハイエンド16〜24コアXeonチップを搭載したMac ProおよびiMacを除くすべてのMac用チップを上回っています

11,542のマルチコアスコアは、12コアのIntel Xeon W-3235を搭載した2019年後半のMac Proと同等のスコアです

問題のチップが搭載されたマシンは、分析結果で確認されているmacOS 12.4を実行しており、GeekbenchのJohn Poole氏は、その結果は正当なものだと考えています

同氏は当初、周波数推定に問題があると述べたが、これはプロセッサではなくGeekbenchの問題だと考えています

新しいMacBook Proモデルは来週の火曜日に顧客のもとに届く予定で、メディア向けのレビューユニットはそれよりも早く出荷されるため、数日のうちにM1 MaxとM1 ProのGeekbenchの結果が追加で発表されるはずです

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)