Apple、Macbookユーザーに警告、ディスプレイのひび割れを回避する方法

Apple、Macbookユーザーに警告、ディスプレイのひび割れを回避する方法

AppleのMacbookの所有者は、新しいサポート文書で、キーボード、パームレスト、ウェブカメラのカバーがディスプレイに損傷を与える可能性があると警告しています

現行のM1 MacBook AirとM1 MacBook Proには弱点があるかもしれません

AppleのサポートフォーラムRedditの記事によると、一部のユーザーのディスプレイが破損したと報告しています、突然、ディスプレイの外側のガラス層に亀裂が発生します

小さな亀裂のままの場合もあれば、大きくなったり、ディスプレイに画像エラーが表示されるだけの場合もあります、ディスプレイの修理には費用がかかるため、これは費用のかかる損傷です

Appleはエラーを間接的に認めるだけ

このようなディスプレイの損傷は新しいものではなく、通常はディスプレイとキーボードの間に異物が入ってしまう、いわゆる「接点割れ」が原因です

報道によれば、Appleは通常、この損傷をユーザーの過失と評価し、修理費用を負担しようとはしません、しかし、被害を受けた方の多くは、ディスプレイとキーボードの間に異物はなかったと主張しています

複数の報告によると、このエラーは、机の上に置かれているだけで、移動中に使用していないデバイスでも発生するとのことです

スポンサーリンク


Appleは今回、新型Macbookにはここに弱点があることをサポート文書で間接的に確認しています、Appleは7月から、ノートパソコンのトラックパッドやキーボードを保護フィルムやカバーで覆うことを禁止する警告を出しています

これには、例えばマーキングされたキーキャップも含まれます、どうやら、この数ミリの厚さが加わるだけで、ディスプレイに圧力がかかるようです

9月2日に更新されたサポート文書では、この警告が拡大されています、また、ウェブカムカバーの使用を避けるか、閉じる前にすべてのカバーを外す必要があります

このMacBookの薄型デザインを実現するために、非常に厳しい公差で作業が行われました、修理プログラムはまだ予定されていないようです、Appleはこれまで、ウェブカメラをカバーすることを明示的に警告してきました

(Via Macwelt.)











COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ホイホイ

    何もなくてもキーがディスプレイに当たる場合があるようです。
    だいぶ前に使ってたMacBookProは3回ほどディスプレイを交換してもらいました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)