MacBook Proの2モデルは2021年にmini LED、MacBook Airは2022年に発売される

MacBook Proの2モデルは2021年にmini LED、MacBook Airは2022年に発売される

AppleのアナリストMing-Chi Kuo氏は、Appleのmini LED推進の一環として、同社は2021年にこの技術を搭載した新しいMacBook Proの2モデル、2022年には 「より手頃な」 MacBook Airを発売すると考えています

投資家へのメモの中で、Ming-Chi Kuo氏は、AppleがMacでmini LED技術を使用するという彼の予測を精緻化しています

具体的には、長らく噂されていたシャーシを再設計した14インチMacBook Proが、別のモデルとともに2021年に登場すると同氏は予測しています

現在のLEDは、バックライトシステムに使用されていますが、それらは、通常より大きな領域を照らす少数のLEDに依存しています、​mini LEDは、バックライト層全体により多くのLEDを搭載できるようにすることで、この状況を変えます

スポンサーリンク


その結果、バックライトは非常に均一に照らされ、画面の暗い領域を暗くすることで、より高いレベルのコントラストを提供できます。

これにより、高価なOLEDに切り替えるのではなく、まだ比較的成熟した費用対効果の高いLCD技術に依存しながら、非常に高いコントラストのディスプレイを作成することが可能になります

アナリストは、「Appleシリコンの使用は​mini LEDパネルを使用するコストの増加を相殺することができる」と述べています

​Appleは通常、フォームファクタを4年から4年半使い続けています、​2016年後半に出荷された既存のMacBook Proのフォームファクタは、既存の13インチApple Silicon MacBook Proで使用されています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)