【Mac】Transmit 5でブログをローカルに同期

【Mac】Transmit 5でブログをローカルに同期

ブログをローカルに

FTPアプリケーション「Transmit」がバージョン4から5にアップしたことで、フォルダ間の同期ができるようになっていますのでこれを利用しました

この同期機能は、ローカルフォルダ同士だけでなく、ローカルフォルダとリモートフォルダ間の同期もサポートしています

この機能を利用して、WordPressのブログをローカルにバックアップします

こうすることで、WordPressのバージョンアップやプラグインのバージョンアップでトラブった時に、簡単に元に戻せます

ここのところWordPressやプラグインと共にテーマのバージョンアップをしていなかったので、前準備として同期をする事でバックアップを作成しました

スポンサーリンク

ローカルフォルダとリモートフォルダ間の同期

  1. Transmit 5をローカルフォルダとリモートフォルダの2ペイン表示にします
  2. Transmit4 001

  3. メニューの「転送」>「同期…」を選択します
  4. Transmit4 002

  5. 同期ウィンドウが表示されるので同期元と同期先を確認して「→」を「←」にし「同期を実行」ボタンをクリックます
  6. Transmit4 003

オプション設定

  • 同期先にのみ存在する項目は削除する
  • 同期先にのみ存在する項目を削除し、同期元とフォルダ内容を同じようにします

  • シンボリックリンクを参照する
  • シンボリックリンクを解決し比較

  • ルールに一致する項目をスキップ
  • 選択されたルールに一致した項目をスキップして比較

  • 変更日が以下よりも新しい項目のみを転送
  • 最近変更されていない項目を無視

  • リモートサーバとの時差を調整する












スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)