AppleのM3、M3 Pro、およびM3 Max:新しいパフォーマンスの時代が到来

AppleのM3、M3 Pro、およびM3 Max:新しいパフォーマンスの時代が到来

Appleは10月30日の「Scary Fast」という特別イベントで、最新のM3チップを大々的に発表しました。

これは、AppleのMac用シリコンの新しい世代、すなわちM3、M3 Pro、およびM3 Maxが一斉に発表された初めてのことでした。2024年のMac Studioのアップデートに向けてM3 Ultraが計画されているという噂もありますが、これは実質的に2つの「Max」チップを組み合わせたものであり、大きなサプライズは期待されていません。

M3シリーズの詳細

M3シリーズはAppleの革新への熱意を示しています。これらのプロセッサは3nmの製造プロセスを使用しており、特にGPUとメディアエンジンの部分でA17 Proのアーキテクチャを採用しています。


M3のCPUの高性能コアは、M2よりも約15%、M1よりも30%高速です。効率コアはさらに大きく進化しており、M2に比べて30%、M1に比べてなんと50%も高速になっています。
M3 Chip series 02

M3 Chip series 03
一方、GPUはさらに大きな進化を遂げています。iPhone 15 ProのA17 Proをベースにしており、新しい「ダイナミックキャッシング」という技術を導入しています。

この機能により、ハードウェアはGPUに割り当てるRAMをリアルタイムで調整することができ、これは従来のアプリケーションがコンパイル時にRAMを設定する方法とは異なります。

さらに、GPUはメッシュシェーダーやハードウェアのレイトレーシング加速もサポートしています。Appleによれば、専門的なレンダリングアプリケーションでM1の2.5倍の速さだと言われています。

メディアエンジンはA17と同様に、H.264、HEVC、ProRes ProRAW、AV1デコードなどのコーデックをサポートしています。AIや機械学習のタスクに特化したニューラルエンジンも向上しています。

M1からM2への進化は顕著でしたが、M2からM3への移行はそれほど大きくはありません。Appleによれば、M2のニューラルエンジンよりも15%高速で、M1のものよりも60%高速です。
M3 Chip series 04

各チップの仕様

M3 Chip series Spec All

M3

8コアのCPUを搭載しており、4つの高性能コアと4つの効率コアに分かれています。GPUは最大10コアまで持つことができ、M3システムは最大24GBのRAMをサポートしています。
¸M3 Chip series Spec

M3 Pro

CPUは2つの追加の効率とパフォーマンスコアで強化され、合計12コアとなっています。これはM2 Proの構成とは異なります。GPUは最大18コアまで持つことができ、M3 Proは最大36GBのRAMをサポートします。
M3 Chip series Spec Pro

M3 Max

このラインナップの最もパワフルなチップで、16のCPUコアを搭載しています。これはM2 Maxの構成を維持しています。GPUは最大40コアまで持つことができ、このチップは驚異的な128GBのRAMをサポートします。
M3 Chip series Spec Max







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)