来週のAppleイベント「Scary fast」、Macでのハイエンドゲームに重点を置く模様

来週のAppleイベント「Scary fast」、Macでのハイエンドゲームに重点を置く模様

Appleとゲームの新時代: Macゲーマーへの挑戦

Appleは、太平洋標準時で10月30日の午後5時(日本時間10月31日 午前9時)からオンラインイベントを開催すると発表しました。そして、このイベントでMacのゲームに特に焦点を当てる可能性が高いとのことです。

Appleのゲームへの新しいアプローチ

Appleがゲーム業界に真剣に取り組んでいることは以前から知られていますが、最近の動きを見ると、その取り組みがさらに加速していることが伺えます。

ハードウェアによるレイトレーシング

Appleが開発中のM3シリーズのチップは、ハードウェアによるレイトレーシングをサポートするとの噂があります。これにより、グラフィックスの品質が大幅に向上することが期待されます。


また、M3シリーズはTSMCの3nmプロセスを使用して製造されるため、パフォーマンスの向上と電力効率の改善が期待されます。これにより、Macでも高品質なゲームが楽しめるようになるでしょう。

注目のゲームタイトル

Appleは、近日中にMacでプレイできるAAAゲームのリリースを予告しています。特に、iPhone 15 Proで発表されたゲームが、Appleシリコン搭載のMacでもプレイできるようになるとのことです。

これには、『Resident Evil 4』のリメイクや『Death Stranding Director’s Cut』、『Assassin’s Creed Mirage』などのタイトルが含まれています。

CapcomとSonyの動き

Capcomは、『Resident Evil Village』がM1チップを搭載したデバイスで利用可能になると発表しました。これがAppleのイベントと同じ日に合わせられたのは偶然なのか、それとも何か大きな発表の前触れなのか、興味が尽きません。

また、Sonyも10月30日に北米でPS5ゲームのクラウドストリーミングサービスを開始する予定です。Appleとの何らかの連携があるのかもしれません。

ゲームモードの導入:

最新のmacOSには、ゲームプレイを最適化するための「ゲームモード」が新たに追加されました。これにより、ゲーム中のCPUとGPUのパフォーマンスが向上し、AirPodsの音声遅延が低減されるなどの機能が提供されます。

ゲームの移植をサポート

Appleは、WWDC 2023でWindowsゲームをMacに簡単に移植できる新しいツールキットを発表しました。これにより、開発者は既存のゲームをそのままMacで動作させることができ、macOSでの動作を確認することができます。

まとめ

Appleの次のイベントは、ゲーム愛好者やテクノロジー愛好者にとって、見逃せないものとなるでしょう。Macでのゲーム体験を一新する可能性が高いこのイベントが、大いに期待されます。







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)