M2とM2 Proチップを搭載したMac miniはまだ開発中、再設計は予定されていない

M2とM2 Proチップを搭載したMac miniはまだ開発中、再設計は予定されていない

BloombergのMark Gurmanが最新のPower Onニュースレターで、Appleがまだこの製品の発売準備をしている間のM2とM2 Proチップを搭載したMac miniの計画について語っています

Gurman氏によると、Appleは昨年末から今年中に発売される予定だったMac miniのM1 Proバージョンに取り組んでいたそうですが、彼の理解では、「現在は検討されていない」そうで、9to5Macの情報筋もこれを裏付けています

9to5Macはすでに独占的に、AppleがMac miniにM2チップを搭載したものと、M2 Proを搭載したものの2つの新バージョンを開発していることを報じています

コードネーム「J473」と呼ばれる新型Mac miniは、M2チップを搭載する予定です、一方、M2 Pro Max miniはコードネーム「J474」で、8つのパフォーマンスコアと、4つの効率的なコアのCPUを搭載するとのことです

スポンサーリンク


9to5Macの情報筋によると、AppleはMac mini向けに「M2 Max」や「M2 Ultra」チップを搭載するバージョンをリリースする計画はなく、それはMac Pro向けに温存される可能性が高いとも考えています

M2チップについてGurman氏は、Mac Studioは非常に似ていて同じニッチなユーザーにアピールすることができないため、「Mac StudioとMac Proの両方を持つ目的」とは思えないため、Mac Studioは短命な製品になるかもしれないと考えています

Bloombergが以前報じたように、新しい「M2 Pro」と「M2 Max」MacBook Proが早ければ今秋にも登場するとBloombergは予想していますが、これらのMacBook Proは来年初頭に発売が延期される可能性があります

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)