Apple の健康とウェルネスへの投資は大きな見返りをもたらす

Apple の健康とウェルネスへの投資は大きな見返りをもたらす

米国のヘルス&ウェルネスはGDPの20%を占めています

Loup FundsでGene Munster氏は、今後20年の間に、Apple、Amazon、Alphabet、Microsoftがヘルスケアで果たす役割はますます大きくなり、その巨大な市場から売上を奪うだろうと予想しています

Munster氏によると、Appleはハードウェア、ソフトウェア、サービスのコアコンピタンスを堅持し、データストレージとともにデバイスレイヤーを提供することになると予想されます、注目すべきは、2016年に開拓されたAppleのプライマリーケアプログラム「Project Casper」が実現するとは考えていません

ヘルスケアはこれらの巨大企業にどれだけの収益をもたらすことができるのか?

AmazonとAppleを詳しく見てみます

もし両社がその年間支出の2%を獲得できれば、現在の年間売上高に800億ドルを上乗せすることが出来ます

10年後、医療費の2%は1,250億ドルになる可能性が高く、AmazonとAppleが今後10年間、年間約5%の成長を遂げるであろうことを考慮に入れると、Amazonの売上高は13%、Appleは20%増える可能性が高いと言えます

2022 08 08 10 22 25
手短に言えば、ウェルネスはテクノロジーの巨人2社にとって、変化をもたらすのに十分な規模の市場です

スポンサーリンク


最近、Appleはハイテクと健康に関する取り組みを詳細に説明した60ページの報告書を発表しました

この文書では、Apple Watch、Health App、HealthKit、Fitness+、ResearchKitなど同社の健康関連製品の概要を説明するとともに、iPhoneでHealth Recordsを利用する800以上の医療機関との提携をアピールしています

この報告書では、各社の健康関連製品がどのように進化していくのかについての概略は述べられていませんが、トレンドラインは明らかで、Appleは健康データの取得、保護、共有において独自の地位を確立しています

ある意味、Appleはデータプラットフォームであり、医師、医療提供者、そして将来の患者がこのことを心に留めておくことを望んでいます

(Via Loup Funds.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)