macOS Montereyの未だに修正されていない問題

macOS Montereyの未だに修正されていない問題

Appleが昨年10月に「macOS Monterey 12.0」を正式にリリースしてから5カ月が経過しました

現在のバージョン12.3.1になっても、ユーザーはいくつかの深刻な問題に直面しています

たとえば、Safariのタブグループなど、macOS Montereyでのみ導入された機能は、限られた範囲でしか使用できません

頑固なタブグループと読み込みエラー

タブグループの問題は、リンクをクリックしても現在のページが再読み込みされるだけだったり、目的のウェブサイトがまったく別のタブで開かれたりすることがよくあるため、実際には非常に有望なイノベーションであるにもかかわらず、これを扱う人は誰でも我慢しなければなりません

MacのSafariはとにかく問題が多く、Webサイトが読み込まれなかったり、リンクの代わりに完全に空のタブやウィンドウしか開かなかったりする問題を、Appleは確実に修正することができないでいます

スピーカーの音割れとAirPlayのエラー

現在のmacOSバージョンに関連する重大なエラーの1つは、内蔵スピーカーによるオーディオ再生時に時々発生する大規模なノイズです

パチパチと音を立てて音楽を楽しめなくなることがあり、デバイスの動作時間が長くなると干渉が大きくなるようです

問題を報告しているのは、14および16インチ MacBook Pro 2021のユーザーが多いようです

スポンサーリンク


オーディオ再生に関しては、HomePodへのAirPlayストリーミングにすぐに移行できます

その日のコンピュータの状態にもよりますが、長い間何も問題がない場合もあれば、パチパチという問題の影響を受け、内部スピーカーに切り替えるほど多くの中断ノイズが発生します

Appleがこれらのエラーをすべて公式に確認せず、すぐに改善が見込めるというシグナルも出していないことは、影響を受けたユーザーにとって特に厄介なことです

(Via ifun.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)