Apple 27インチiMacの後継機の噂のまとめ

Apple 27インチiMacの後継機の噂のまとめ

27インチiMacの後継機はいつ発表?

現在のところ、DSCCは次の27インチiMacは春に発表されると言っています、BloombergのMark Gurman氏も同じ考えで、先日Appleが3月8日にイベントを開催すると発言しています

Gurman氏は、以前のPower Onニュースレターで、Appleは2022年に「改良されたハイエンドiMacとApple Silicon」を開始する計画だと語っています、また、24インチのM1 iMacのリリースに注力する必要があるため、このiMacの発売を延期しなければならなかったと報告しています

デザイン

Appleが2021年に24インチの新型iMacを発表したとき、人々は27インチのiMacも同じことをするのではないかと予想しました

同社がこのトレンドに従うならば、この新型iMacはおそらく24インチモデルに似ているが、シルバーやスペースグレイなど地味な色を採用するでしょう

現時点では、Appleがこのモデルの画面サイズを維持するという噂があります、つまり、Appleは27インチモデルを投入し、プロセッサと画面技術でApple Silicon iMacを差別化する可能性が高い

Display Supply Chain Consultants(DSCC)のレポートによると、Appleは2022年の春にminiLEDディスプレイとProMotionテクノロジーを搭載した27インチiMacを発売する見込みで、これは同社がユニバーサルコントロール機能をついにリリースするのと同じ時期であるとのことです

DSCCのアナリストは通常スクリーンメーカーに関する内部情報を持っているため、ほぼ確定と言えますが、この噂のiMacディスプレイに搭載されるサイズや技術を推測した会社がDSCCが初めてではないことに注目することが重要です

スポンサーリンク

プロセッサー

M1 Pro M1 Max

M2チップは新しいMacBook Airと一緒に発売されると噂されているため、Appleはこの新しいiMacにM1 ProとM1 Maxチップを使用すると思われます

数カ月前に発表されたMacBook Proのように、Appleは27インチiMacの後継機種に同じM1 ProとM1 Maxのチップを提供すると思われますが、コンピュータが常に電源に接続されるため、さらに優れた性能を持つことになるでしょう

ストレージ

プロセッサーを考慮すると、同社は最大64GバイトのRAMと最大8TバイトのSSDを提供できるようになり。Appleは10GBイーサネットポートを追加し、少なくとも新しいMacBook Proと同じポート、HDMI、SDスロット、Lightning、USB-Cを搭載する可能性が高いと言えます

価格

現行の27インチiMacの価格は1,799ドル(税込 213,800円)からです、Appleが24インチiMacの価格を上げ、新しいMacBook Proもmini-LEDディスプレイを搭載しているので、より高い価値があります

来たるべきMacは少なくとも2,000ドル(約240,000円)から始めると考えて間違いないのではないでしょうか?

スポンサーリンク


また、Apple Siliconを搭載した新しいハイエンドiMacに関するうわさが流れており、これも新型iMac Proを意味する可能性があることにも注意が必要です

こちらに関しては、全く新しいmini-LEDディスプレイだけでなく、MacBook Proのようにリフレッシュレートを可変にし、最大120HzのProMotionを可能にすると予想されています

Appleはこれまでの価格設定にかなり忠実に従うと思われ新型iMac Proは5,000ドルという途方もない値段になる可能性があります

発表は、6月のWWDCでの発表が噂されています

ひとつ?ふたつ?のモデル

現時点では、Appleが27インチiMacモデルとiMac Proを発表するのか、それともただ一つの製品だけを発表するのかは不明です

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)