Jony Ive、2021 M1 iMac の設計開発に関与しました

Jony Ive、2021 M1 iMac の設計開発に関与しました

AppleのM1 iMacは多くの人に感動を与えました

Appleの新しいデスクトップは、現代世界におけるエンジニアリングの輝かしい成果の1つであり、コンピュータ全体がわずか11.5mmの厚さのシェルに収まっています

Wiredのレビューによると、2019年にAppleを去ったJony Ive氏は、M1 iMac 2021の設計と開発に携わっていたと言います

Jony Iveは、2019年までAppleのチーフデザインオフィサーを務めていました、Mac、iPod、iPhone、iPad、そしてApple Watchに至るまで、Appleが生み出した象徴的な製品のデザインを担当をあいていました、彼はハードウェアとソフトウェアの設計チームを率いていましたが、2015年にIve氏は、クリエイティブではない、よりエグゼクティブな役割を与えられました

スポンサーリンク


Ive氏はAppleを離れ、独立したデザイン会社LoveFormを立ち上げました

LoveFormは興味深いことに、Appleのクライアントでした、Wiredによると、Jony Ive氏は新しいiMacのデザインを監督していたが、彼がデザインチームの一員だったのか、それとも彼の会社が新しいデスクトップのデザインでAppleを助けたのかは不明です

しかしAppleには、この古いキャンペーンに言及する別の理由があります

Jony Ive氏は、2019年にAppleを去ったこの新しいデスクトップのデザインに携わっていました、ハードウェアのデザインは長いプロセスなので、Ive氏の跡がこの新しいデスクトップに散らばっていても不思議ではありません

しかし、興味深いことに、Apple は、退職後に 2021 年型 iMac に取り組んでいたかどうかを確認も否定もしませんでした

(Source Wired , Via https://9to5mac.com/2021/05/29/jony-ive-m1-imac-design/.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)