Apple SiliconをネイティブサポートするParallels 16.5が利用可能になり、VMのパフォーマンスがIntelより30%向上

Apple SiliconをネイティブサポートするParallels 16.5が利用可能になり、VMのパフォーマンスがIntelより30%向上

M1 Macユーザは、自分のマシンでWindowsを仮想化する新しい方法を手に入れることができます

Parallelsは本日、Apple SiliconをネイティブサポートするParallels Desktop 16.5を正式にリリースし、M1 Mac上でWindows 10 ARM Insider Previewを実行できるようにしました

「ARM Insider PreviewにおけるParallels Desktop 16 for M 1 MacとWindows 10のテクニカルプレビュー、およびRocket League、Among Us、Roblox、The Elder Scrolls V:Skyrim、Sam&Max Save the Worldなどのx 86アプリケーションとゲームの素晴らしいパフォーマンスについて、熱狂的なフィードバックを受け取りました。テスターはParallelsDesktopの使いやすい機能とmacOS Big SurとWindowsのシームレスな統合を愛し、生産性を向上させました」とDobrovolskiy氏は述べています

スポンサーリンク


Parallelsは、M1 Macでもかなりの性能と効率の向上をアピールしています、最も注目すべきは、Intel Core i9プロセッサ上でWindows 10 VMを実行する場合と比較して、パフォーマンスが30%向上することです

  • 消費電力を最大250%削減
  • Apple M1 チップを搭載した Mac では、Parallels Desktop 16.5 のエネルギー消費量が 2020 年の Intel ベースの MacBook Air コンピュータの 2.5 倍になります

  • DirectX 11のパフォーマンスが最大60%向上
  • M1 Macで実行するParallels Desktop 16.5は、Radeon Pro 555 X GPUを搭載したIntelベースのMacBook Proよりも、DirectX 11のパフォーマンスが最大60%向上します

  • 仮想マシンのパフォーマンスが最大30%向上
  • M1 Mac上のParallels Desktop 16.5上のARM Insider PreviewでWindows 10の仮想マシンを実行すると、IntelベースのIntel Core i9プロセッサ搭載MacBook Proで実行するWindows 10 VMよりもパフォーマンスが最大30%向上します

ここで覚えておくべき重要なことは、MicrosoftはまだARMバージョンのWindowsを小売店で販売していないということです

代わりに、MicrosoftのWebサイトから入手できるWindows 10 ARMInsiderプレビューを使用する必要があります、Windows 10 ARM Insiderプレビューでは、Intelアプリケーションをエミュレートすることもできます

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)