リークされたiPhone 13 の回路図からレンダリングされた画像が公開、カメラバンプのデザイン変更、小さくなったノッチ

リークされたiPhone 13 の回路図からレンダリングされた画像が公開、カメラバンプのデザイン変更、小さくなったノッチ

昨日リークされた回路図は、今年のiPhone 13ラインアップでAppleが予定しているデザイン変更の詳細を示しています、

Svet Appleは、これらの変更によりiPhone 13 miniがどのように見えるかを想像する新しいレンダリングを公開しました

背面カメラの配列にいくつかの興味深い変更を加えたiPhone 13を示す画像が公開されました、最も注目すべき変更点は、カメラのバンプのデザインの変更です

iPhone 12のように縦に配置するのではなく、正方形カメラモジュールの左上隅と右下隅にレンズを斜めに配置します

IPhone 13 mini 0415 00003

複数の異なる情報筋が報じているように、iPhone 13のノッチも2021年には小さくなると予想され、最近リークされた画像によると、ノッチの幅は前モデルより30%小さくなる可能性があるといいます

IPhone 13 mini 0415 00002

スポンサーリンク


今回のSvet Appleのコンセプトは、これらの変更が現実世界でどのように見えるかを想定しており、特にiPhone 13 miniとその5.4インチディスプレイに関連しています

iPhone 13 miniは、Appleがリリースする最後の5.4インチ「mini」iPhoneとなるかもしれません

アナリストであるMing-Chi Kuo氏は米国時間5月16日、Appleが2022年に iPhone 14」でフォームファクタを廃止する可能性が高く、代わりに6.1インチモデルと6.7インチモデルを選択する可能性が高いと報じました

両モデルは、iPhone 14、iPhone 14 Max、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxと呼ばれる可能性があります

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)