x86をエミュレートするAppleSilicon M1は、シングルコアベンチマークで他のどのMacよりも高速

x86をエミュレートするAppleSilicon M1は、シングルコアベンチマークで他のどのMacよりも高速

先週、AppleのM1チップの最初のネイティブベンチマークがGeekbenchサイトに掲載され、印象的なネイティブ性能を示していました

本日、Rosetta 2でx86をエミュレートしたM1チップの新しいベンチマークが公開されました

アップロードされた新しいRosetta 2 Geekbenchの結果によると、8GBのRAMを搭載したMacBook Air上で動作するM1チップは、シングルコアが1,313、マルチコアが5,888というスコアを記録しています

Rosetta 2 running x86 00001 z

このバージョンのGeekbenchはAppleの翻訳レイヤーRosetta 2を使っているため、パフォーマンスへの影響が予想されます

x86コードを実行しているRosetta 2では、ネイティブのApple Siliconコードの78%~79%のパフォーマンスを達成しているようです

スポンサーリンク


パフォーマンスへの影響はあるものの、シングルコアのRosetta 2のスコア結果は、Intel Core i9-10910@3.6GHzを搭載した2020年27インチiMacなど、他のどのIntel Macをも凌駕しています

M1をネイティブで実行しているMacBook Airの初期のベンチマークでは、シングルコアスコアが1,687、マルチコアスコアが7,433でした、その後、M1を使った追加のベンチマークが浮上し、Geekbenchで公開されています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)