M1チップはグラフィックス性能でGeForce GTX 1050 TiとRadeon RX 560を上回る

M1チップはグラフィックス性能でGeForce GTX 1050 TiとRadeon RX 560を上回る

​Tom’s Hardwareが見つけた新たなベンチマーク提出資料によると、AppleのM1プロセッサは、Nvidia GeForce GTX 1050 TiやAMD Radeon RX 560などのデスクトップGPUのグラフィックス性能を上回ることが多いと言います

Appleによると、M1のocta-core GPUは25,000近くのスレッドを同時に処理し、最大2.6TFLOPSのスループットを実現できるとのことです、これはRadeon RX 560が達成したのと同じTFLOPSで、GeForce GTX 1650の2.9TFLOPSをわずかに下回ります

GFXBench 5.0のベンチマークはAppleのMetal APIでテストされており、M1がNvidia GeForce GTX 1050 TiやAMD Radeon RX 560よりもかなりの差で上回るパフォーマンスを発揮することが多いことを示しています、比較のためにGeForce GTX 1650のMetalベンチマークはまだありません

M1 Graphics Performance 00001

スポンサーリンク

Aztec Ruins Normal Tierテストでは、Radeon RX 560が146.2 FPS、GeForce GTX 1050 Tiが159 FPS、M1が203.6 FPSを達成している。同様の結果がボード全体で見られ、M1はほぼ一貫して2つのデスクトップGPUの性能を上回っています

M1 Graphics Performance 00002

GFXBench 5.0ベンチマークは主にモバイルデバイスのテストに使用され、GeForce GTX 1050 TiとRadeon RX 560は古いGPUであることは注目に値します

それにもかかわらず、M1には統合グラフィックスが含まれており、75Wのデスクトップグラフィックスカードを凌駕することができるという事実は印象的です

M1を搭載した最初のMacが今週中に顧客の元に届くので、より詳細なGPU比較が近日中に行われるでしょう

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)