Metaが健康とメッセージに特化したスマートウォッチの開発を中止

Metaが健康とメッセージに特化したスマートウォッチの開発を中止

Metaは、健康とメッセージングに特化したスマートウォッチの開発を中止し、Apple Watchに直接対抗する同社の計画に突然の終止符を打ちました

報道によると、従業員は金曜日、同社の構造改革を伴うコスト削減の一環として、同社のスマートウォッチプロジェクトの作業を中止することを伝えられたとのことです

Metaがスマートウォッチを市場に投入する計画についての噂は、2021年2月に初めて登場し、Facebook、Instagram、WhatsAppで共有する写真や動画を撮影するためのカメラを内蔵した着脱式ディスプレイを搭載していると報じられていました

当初の報道では、Metaはスマートフォンを繋がなくても携帯電話回線を使って動作し、GoogleのAndroidソフトウェアのバージョンを動作させることを想定していました

また、Metaは他の企業と協力して、取り外し可能なディスプレイをリュックサックなどに取り付けられるアクセサリーを開発することも計画していました

スポンサーリンク


ロイターの報道によると、Metaの社内再編により、同社のスマートウォッチプロジェクトの消滅に加えて、すべてのポータル開発も終了するとのことで、2018年に発売されたPortalはスマートディスプレイのブランドで、WhatsAppやFacebookといったメタ傘下のサービスのみを利用したビデオ通話機能を特徴としていました

いくつかのバージョンがリリースされたにもかかわらず、Portalは消費者向けのデバイスとしてはあまり普及しなかったし、Metaがエンタープライズ市場でそれを促進しようとした試みも失敗しました

Mark Zuckerberg CEOは、今回のレイオフは、自身の判断ミス、マクロ経済の悪化、競争の激化、広告のシグナルロスの複合的な結果であり、これらすべてが予想を下回る収益につながったとメモで発表しました

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)