Elon Musk氏がTwitterのCEOに正式に就任し、同社幹部を解雇

Elon Musk氏がTwitterのCEOに正式に就任し、同社幹部を解雇

TwitterとElon Musk氏の間の物語の第1章は終わりを迎えましたが、まだ続くことは多い

Musk氏は当初、Twitterの買収にはもう興味がないと述べていましたが、Twitterが訴訟を起こすと脅したため、買収に同意することを決めました、Elon Musk氏が正式にオーナーに就任し、(一時的)にCEOであり、最初の行動は同社の経営幹部を解雇することでした

he New York Timesが報じたように、Elon Musk氏はTwitterのオーナー兼CEOとしての新しい仕事を、木曜日に少なくとも4人のトップエグゼクティブを辞任させるという「Twitterの大掃除」でスタートさせました

この中には、前CEOのParag Agrawal氏、TwitterのCFO Ned Segal氏、政策担当役員のVijaya Gadde氏、法務担当役員のSean Edgett氏が含まれています

匿名のNYTの情報源は、幹部の少なくとも1人が “Twitterのオフィスから追い出された “と言っています

スポンサーリンク


水曜日には、億万長者が同社の本社でエンジニアや一部の幹部と話をしている姿が目撃されています

Elon Musk氏はTwitterを大きく変えたいとの意向を公言しており、特にモデレーション・ルールに関しては、その意向を表明しています

Musk氏とTwitterの物語は4月に始まり、テスラのCEOがソーシャルネットワークを440億ドルで買収すると発表しました、しかし、数カ月後、Musk氏はこの買収から手を引き、その結果、Twitterが買収を守らなかったとして同氏を訴えました

この争いの最中、Twitterの共同創業者であるジャック・ドーシーが同社の取締役会を去り、当時のCEOパラグ・アグラワルとMusk氏はそれ以来、衝突を繰り返していました

現時点では、Elon Musk氏がCEOを務めるTwitterの未来がどうなるのか、誰にも本当のところはわかっていません

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)