TSMC、2nmチップの製造を2025年までに開始すると発表

TSMC、2nmチップの製造を2025年までに開始すると発表

Apple SiliconメーカーのTSMCは、2025年までに高度な2nmプロセッサを製造することを公約しています

Appleが同社の3nmチップを採用し始める一方で、TSMCは2nmチップの新しい製造プロセスを計画しています、2021年には、このプロセスに特化した新しい施設の建設が承認され、最初のチップの生産は2023年になると予測されていました

Nikkei Asiaによると、同社は今回、2025年までに量産体制に入ることを目指すと発表しました、同社が計画の詳細を明らかにしたのは今回が初めてで、同誌が業界イベントと表現するイベントで発表されました

TSMCの広報担当者は、米国のシンポジウムで、同社が「ナノシートトランジスタアーキテクチャ」を採用しようとしていることも明らかにしました

これは、現在の5nmプロセスとは根本的に異なる技術であり、かなりの投資を必要とするとしています

スポンサーリンク


Nikkei Asiaの報道によると、Samsungは2025年までに2nmプロセッサを提供する計画を既に発表しているとのことです

報道によると、Intelは、同社の1.8nm技術は計画を前倒ししており、2024年末までに生産を開始する予定だと主張しています

TSMCは、今後予定されているプロセスに関する顧客の発表はおこなっていません、ただしこれまで、AppleはTSMCの3nmプロセッサの生産能力をすべて購入しています

(Via Appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)