Apple、2020年のフラッグシップiPhoneの量産を延期

Apple、2020年のフラッグシップiPhoneの量産を延期

事情に詳しい複数の関係者によると、コロナウイルスの世界的大流行によって世界の消費者需要が弱まり、家電サプライチェーンの中心であるアジア全体の製造が中断される中、Appleは新型iPhone主力モデルの増産を約1カ月遅らせる

The Wall Street Journalによると

Foxconn Technology Groupは、Appleの最大のサプライヤーであり、中国でのiPhoneの主要組立工場でもあるが、同社の従業員募集業務に関係する人物によると、ここ数週間で鄭州にある同社の主力iPhone工場での採用を中止したと言います

投資家やアナリストは、Appleが2月に、コロナウイルスの大流行によりiPhoneの生産が限られていたこともあり、第4四半期の売上予測を達成できないと発表して以来、今年のiPhone 5 Gの出荷が遅れると予想していました

BernsteinのアナリストToni Sacconaghi氏は最近のレポートの中で、最大の販売期間である2020年の年末商戦までにAppleがiPhoneを出荷しない限り、投資家は発売延期を心配するべきではないと述べています

スポンサーリンク


2017年、ハイエンドモデルのiPhone Xは製造上の問題を受けて11月に発売され、iPhone 8とiPhone 8 Plusは9月に発売されています

その後のリリースにより、主力のiPhone Xの販売が2018年9月に終了した同社の会計年度となり、価格の高いデバイスがiPhoneの年間収益を前年比17%増の1,650億ドルに引き上げました

(Via The Wall Street Journal.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)