TrendForce、新型コロナウィルス(COVID-19)が世界のハイテク産業に及ぼす影響の包括的な分析を発表

TrendForce、新型コロナウィルス(COVID-19)が世界のハイテク産業に及ぼす影響の包括的な分析を発表

新型コロナウィルス(COVID-19)は、世界のハイテクサムプライムチェーンのすべての部分に影響を与えています

TrendForce は、主要な IT コンポーネントから企業や消費者向け製品まで、業界全体の最新の分析と予測を提供しています

このレポートは、半導体やメモリ製品からクリーンエネルギー、AppleのiPhoneやMacなどのスマートフォンやパソコンにまで及んでいます

ウェアラブル

Apple Watch Series 5 00002 z
スマートウォッチ、スマートブレスレット、TWS Bluetoothイヤホンの製品組み立ては、主に広東省、江蘇省、浙江省で行われます

2月中旬の予定されている作業再開日にもかかわらず、作業の中断、労働力の不足、および材料不足により、2020年Q1の生産量が減少し、新製品の先送りはもともと2020年上半期のリリースが予定されています

しかし、全体として、ウェアラブルデバイスの販売シーズンのピークは2020年Q2であり、その間にApple Watchなどの市場をリードするデバイスがリリースされます、新型コロナウィルス(COVID-19)の発生が2020年Q2に持続しないことを考えると、TrendForceは、今年の世界中のウェアラブルデバイスの出荷について中立からやや楽観的です

中国市場に関しては、中国ブランドのウェアラブルは主に国内販売を目的としているため、2020年上半期には国際ブランドと比較してより多くの損失を被ると予想されます

特に、競争力のあるジェネリックブランドと新しいブランドは、コンポーネントサプライヤと生産能力が確立されたブランドからの注文を最初に満たすように優先され、消費者が短期的に購入する意欲を低下させるため、感染症のアウトブレイクの影響をさらに受けます

スポンサーリンク

スマートフォン

IPhone 11 00001 z
スマートフォンのサプライチェーンは非常に労働集約的であるため、この流行はスマートフォン業界に比較的大きな影響を与えました

2020年Q1のスマートフォンの生産は前年比12%減少すると予測されており、過去5年間で最低の生産量を記録した四半期となります

パッシブコンポーネントやカメラモジュールを含むアップストリームサプライチェーンの部品も不足しているため、2月末までに発生が抑制されない場合、2020年Q2のスマートフォンの生産に悪影響を及ぼし続ける可能性があります

流行が激化した場合、TrendForceは、スマートフォン業界の長期分析において、市場のニーズを最も重要な考慮事項と見なします

世界経済は相互に関連しているため、中国の流行の進行は中国のGDPだけでなく、世界経済全体にも損害を与えます、消費者の購買力の低下につながり、その後、スマートフォン業界全体にとって困難な課題となります

2020年のスマートフォンの生産は13億8,100万台に達し、前年比1.3%減少し、2016年以来の最低の生産量に達すると予測されています

スポンサーリンク

ノートブック、液晶モニター、および液晶テレビ

All Mac 00001
サプライチェーンの下流のODMとブランドは、間違いなくコロナウイルスの流行によって最も大きな打撃を受けています、これらの企業は、仕事の再開が延期された後、貴重な労働日を失いました

生産が再開された後、全体として、オペレータの作業再開率は低くなります、また、材料や部品のすべてのタイプが不足しています、したがって、生産性は急落します

テレビやモニターの場合、製造工程と材料需要は類似しています、したがって、TrendForceによると、2020年Q1では、テレビセットの出荷台数は、発生により以前の予測4,880万台から4,660万台に減少すると予測されています

モニターセット出荷台数は、前回予想2,900万台から2,750万台に減少すると予測されています

NBセットを組み立てるには、複雑なキーコンポーネントが必要です、現在の段階では、NBのバッテリー、ヒンジ、PCBはすでに不足または在庫切れでした、この要因により、一部のブランドの出荷数量は、2020年Q1の前回予測3,500万台から3,070万台に大幅に減少する可能性があります

パンデミックは生産のサプライチェーンに悪影響を及ぼしただけでなく、中国の消費者信頼感を傷つけ、短期および長期的にエンドマーケット需要を減少さます

中国市場の需要に対するペスティレンスの潜在的な悪影響を考慮すると、TrendForceは2020年のアプリケーションカテゴリーの出荷規模のトップ3を下げました

テレビの出荷規模は、従来予想2億1,960万台から2億1,800万台に減少し、0.7ポイント減少しました

モニターの出荷台数は、前回予想1億2,580万台から1億2,450万台に減少し、1.0ポイント減少しました

ノートブックの出荷台数は、前回予測1億6,240万台から1億6,020万台に減少し、1.4ポイント減少しました

TrendForceのレポートは、半導体、メモリ製品、テレコミュニケーション、クリーンエネルギー、家電および自動車にわたっており、こちらですべてのレポートを読むことができます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)