Apple、COVID-19によるiPhoneの供給問題から4半期ごとのガイダンスに焦点を当てた投資家の最新情報を発表

Apple、COVID-19によるiPhoneの供給問題から4半期ごとのガイダンスに焦点を当てた投資家の最新情報を発表

Appleは、2020年第2四半期に提供したガイダンスに焦点を当てた投資家の最新情報「四半期ガイダンスに関する投資家の最新情報」を発表しました

この発表でAppleは、「COVID-19に対する公衆衛生の対応が継続している間、私たちの考えは、この病気に最も深く影響を受けたコミュニティと個人、そしてその広がりを抑え、病気。Appleは、この歴史的な公衆衛生への取り組みを支援するために、以前に発表した寄付を2倍以上増やしています」と述べ、3月四半期に提供した収益ガイダンスを満たすことはできないと発表しました

2020年1月28日に発行された四半期ガイダンスは、その時点で入手可能な最善の情報と、2月10日の中国の旧正月の延長の終了後の職場復帰のペースに関する最良の推定を反映しています。しかし、私たちは予想よりも通常の状態への戻りが遅いと感じています。その結果、2つの主な要因により、3月四半期に提供した収益ガイダンスを満たすことはできません

理由として、2つをあげています

  • 1つ目は、世界的なiPhoneの供給が一時的に制約されることです。私たちのiPhone製造パートナーサイトは湖北省外にあり、これらの施設はすべて再開されましたが、予想以上にゆっくりと立ち上がっています。これらの製品を可能にするのに役立つすべての人の健康と幸福は私たちの最優先事項であり、このランプが続く中で、サプライヤーや公衆衛生の専門家と緊密に協議しています。これらのiPhoneの供給不足は、世界中の収益に一時的に影響を与えます
  • 2つ目は、中国国内の製品需要が影響を受けていることです。中国の全店舗と多くのパートナー店舗が閉店しました。さらに、オープンしている店舗は、時間が短縮され、顧客のトラフィックが非常に少ない時間帯に営業しています。私たちは徐々に小売店を再開し、可能な限り着実かつ安全に再開していきます。中国の法人事務所やコンタクトセンターはオープンしており、オンラインストアは開店しています

スポンサーリンク


Appleはまた、従業員、サプライチェーンパートナー、および顧客の健康と安全が最優先事項であることを繰り返し述べています

当社の最優先事項は、現在も常に、従業員、サプライチェーンパートナー、顧客、そして当社が事業を展開する地域社会の健康と安全です。私たちの深い感謝は、この公衆衛生上の緊急事態に直面する最前線にいる人々です

Appleは、「状況は進化しており、4月の次回決算発表時により多くの情報を提供します」と述べています

(Via Apple.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)