世界で最も有名なAppleのアナリストは、もはやAppleの報告はしない可能性が

世界で最も有名なAppleのアナリストは、もはやAppleの報告はしない可能性が

2012年以来、KGI証券でAppleの情報をカバーしていたMing-Chi Kuo氏が、4月27日にKGI証券を退社しました

KGIは、台湾第2位の証券会社であり、今年9月後半に30年目を迎えます。同社の最も著名なアナリストであるKuo氏は、以前は台湾の新聞社Digitimesで働いていました

彼は主にAppleについての報告から他に移動するように思われます

Kuo氏のレポートは、Appleの最大かつ最も期待されている次期製品のニュースサイクルの中心になっていることがよくあります

サプライチェーンの深い情報源から、Kuoの報告書は、Appleの期待されている製品発表から何を期待するかを正確に描写することができました

最近、Kuo氏は、6.1インチのLCDベースのiPhoneににおいて、Appleがより耐衝撃性と軽量性を備えたより強いディスプレイガラスを使用することを指摘しました

以前に報告されたことでは、デュアルSIMオプションもカード内にある可能性があることを指摘しています、また彼は、Apple Watchが秋にシャーシを再設計し、15%大きくなったのディスプレイを取得すると予測しています

スポンサーリンク


Kuo氏が何時も正しいわけではありませんが、Appleのハードウェアに関してはこれまでのところ、最も正確な予測です

Kuo氏のソースは明らかにサプライ・チェーン・ベースであったため、彼の報告書はソフトウェアとマーケティングに関するすべての話を必ずしも伝えることはできませんでした

Kuo氏の定期的なレポートは、Appleの次のものに興味を持っている人にとっては歓迎されていました

Kuo氏が去る理由の一つとして、Appleの最新のメモやサプライチェーンなどのリークに対する強い立場を考慮して、彼の情報源が、おそらく削除された可能性があるということです

同氏は新興産業を中心に他の分野でチャンスを追求したいと言われ、Appleには焦点があてられないようです

(Via 9to5Mac.)


4月半ばにAppleが従業員に情報漏洩を警告し、「製品の秘密保持を倍にする」と述べたことに関係がある可能性もあるのかもしれません?










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)