AppleはWWDCで新しい13インチRetina MacBook Airを発売する見込みはない

AppleはWWDCで新しい13インチRetina MacBook Airを発売する見込みはない

Digitimesは、Appleが6月にWorldwide Developers Conference(WWDC)で13インチのRetina ‘MacBook Air’を発表するとの前回の報告にもかかわらず、アップル社は組み立てを延期し、2018年第3四半期まで生産を延期したと主張しています

KGI証券アナリストのMing-Chi Kuo氏は、新しい13型MacBookが今年10%から15%のMacBook出荷台数を増やすことができると3月に報じました

Appleが新しいマシンをどのように販売するかははっきりしていませんが、今年はAppleがMacBook Airラインを一括して廃止し、新型MacBookラインの一部として新しい13インチRetinaノートPCを導入する可能性を示唆しています

スポンサーリンク


Digitimesのレポートによると

Appleは、2018年の新しい低価格版 MacBook Airの量産を、第2四半期より後半に延期すると、サプライチェーンの情報筋は明らかにしました、これは、材料在庫が高く、稼働率が低いことに加えて、 Appleが第3四半期に出荷を開始する前に、Appleは、サプライチェーンのパートナーに、2018年の新しいノートブックモデルの量産が今年下半期には始まらないこと、再スケジューリングの動きは説明していないと伝えています

いくつかのパートナーは、延期はプロセッサなどの主要コンポーネントの問題によって引き起こされる可能性があると推測しています

新しいマシンの価格はまだ分かっていないが、これまでの報告によると、MacBookハードウェアの価格は、999ドルから始まるMacBook Airラップトップの価格と同じかそれを少し上回っていると言われています

(Via Digitimes.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)