アナリストGene Munster氏は、まもなくApple GlassesがiPhoneを凌駕するだろうと

アナリストGene Munster氏は、まもなくApple GlassesがiPhoneを凌駕するだろうと

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

Apple Glassesの明るい未来を見据えて

影響力のあるアナリストGene Munster氏は、まもなくApple GlassesがiPhoneの売上を凌駕するだろうと考えています

Munster氏は、

「2018年(次のiPhoneサイクルに欠かせない)にiPhoneの売上高が15%増え、収益の64%を占めると見込んでいる
次のiPhoneサイクルの2019年にはiPhoneの成長はピークを迎え、2020年にはApple GlassesがiPhoneの販売に影響を与え始めると考えている

ほとんどの場合、Appleのウェアラブルは視聴者の視野内に画像を表示し、拡張リアリティ(AR)を使用することを期待しています、ブルームバーグによると、AppleはApple Glassesについてサプライヤーと話しており、すでに1つのサプライヤから近いところにあるディスプレイをテスト用に注文していると言っています

AppleはApple Glassesの発売についての公式発表はしていませんが、このような噂が渦巻いています


スポンサーリンク




Munster氏は、Apple GlassesはAppleの次の主要製品になると予想しています、ウェアラブルには、iPhoneとオーバーラップする多くの機能が搭載されているため、ユーザーはモバイルデバイスを整理することなくアプリとやり取りできます

また氏は、次のようにも書いています

10年後には、iPhoneが普及すると予想されますが、Apple Glassesが徐々に市場に採用されるにつれて、Appleのビジネスのより小さい部分となります」

着用可能な眼鏡は、電子商取引、音声、ブラウジング、ストリーミング、広告、消費者向けアプリケーション、ゲーム、テーマパークの乗り物などの分野での使用が期待される、ARを採用するAppleの最初のハードウェア製品である可能性があります

Apple CEOのTim Cookは、ARの商業的側面を追求することに熱心です

画像元:Business Insider
(Via Silicon Valley Business Journal.)


「VR(バーチャルリアリティ)」で眼鏡を見ることはありますが、実際の生活の中でこの様な眼鏡をかけるのかと懐疑的に思っています

また「AR(拡張現実)」と比較すると応用性において幅広い技術ではないようにも思います

私は眼鏡を着用していますが、これに何かを着けるとかは視界を妨げ鬱陶しく感じます、また必要な時だけ眼鏡を掛け替えるのも邪魔に思います、この様に感じる障害を取り除くようなテクノロジーやデバイスが発表されると違ってくるとは思いますが・・・


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)