第4四半期でのiPhone7/7 Plusの売り上げ比率は、1年前のiPhone 6s/6s Plusを上回ている

第4四半期でのiPhone7/7 Plusの売り上げ比率は、1年前のiPhone 6s/6s Plusを上回ている

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

iPhone 6s/6s Plusを上回る



「Apple World Today」が、Consumer Intelligence Research Partners (CIRP) の調査した2016年12月31日に終了した第四半期の Apple のiPhone 7/7 Plusの売り上げの結果の解析を掲載しています

これによると、米国での売り上げのうち iPhone 7は32%、iPhone 7 Plusは40%でiPhoneの売り上げの72%を占めています

先年の同時期の iPhone 6s/6s Plusと比較した場合に売り上げ比率が上回っています

CIRP 002


スポンサーリンク




CIRPのパートナーで共同設立者のJosh Lowitz氏は「エントリーレベルのiPhone SEの販売シェアは、1年前と同じ5Sと比べて小さく、最も高価なiPhone 7 Plusは、前年同期の6S Plusよりも大きなシェアを獲得しおりiPhonesの平均販売価格の上昇を見ることができた」と言っています


iPhone7/7 Plus購入者は、iPhone 6s/6s Plusから16%、iPhone 6/6 Plusから37%がアップグレードされており、これに対してiPhone 6s/6s Plus購入者は、iPhone 6/6 Plusモデルから17%、iPhone 5S / 5C以上から44%のアップグレードでした


また、iPhone 7/7 Plusの購入者の15%がAndroidから、iPhone 6s/6s Plusの購入者の29%はAndroidから移行だったとしています


CIRPのパートナーで共同設立者のMike Levin氏は「新しい7/7 Plusは、Androidの所有者ではなく主に忠実なiPhoneの所有者を魅了した」と言っています

(Via iPhone 7/7 Plus improve a bit over year-ago launch — Apple World Today.)













LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)