AppleのiPhoneの大手メーカーであるFoxconn、東芝の半導体事業の入札にSoftBankの援助を求める

AppleのiPhoneの大手メーカーであるFoxconn、東芝の半導体事業の入札にSoftBankの援助を求める

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

Softbankの名前も・・・



「台湾の請負業者であるホン・ハイプレシジョン・インダストリーズ(Foxconn)は、東芝のメモリ事業を買収するため、日本の電気通信大手Softbankグループの助けを求めている」

と「NIKKEI ASIAN REVIEW」は述べています

Softbankの支援により、Foxconnは日本の銀行や関係会社との交渉を開始する準備を進めている

AppleのiPhoneの大手メーカーであるFoxconnがAppleと提携する可能性もあるという話もある

Foxconnは、3月末に締結された日本の大企業のチップ部門の第1ラウンドで、3兆円(約274億ドル)を提供したとみられる

Foxconnの入札を難しくするのは、日本では多くのライバル企業の本拠地である台湾と中国に技術が流出する可能性と、その技術が軍事用途に適応できる可能性についての懸念です

スポンサーリンク




Foxconnが2016年春に日本のエレクトロニクス・パワーハウスSharpを買収したとき、SoftBankの孫正義会長はFoxconnのTerry Gouを日本の銀行に紹介しました

FoxconnとSoftbankがARMチップを設計するための合弁会社を持っています

日本政府は、技術流出に懸念があるため、外国為替・外国貿易管理法に基づき、東芝の外国人応札者を審査することを検討しています

(Via NIKKEI ASIAN REVIEW.)



FoxconnがToshibaを買収すれば、Appleのメモリ事業を獲得し、Samsungに新たな打撃を与える可能性がありそうですね


では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)