Apple Fifth Avenueで300台のiPhoneを購入し強盗に遭う

Apple Fifth Avenueで300台のiPhoneを購入し強盗に遭う

ニューヨークの1010 Wins Radioによると、月曜日の朝にニューヨークFifth Avenueで300台のiPhoneを購入した匿名の27歳の男性が、店を出た直後に強盗に襲われました

彼は三つのバッグに300台のiPhone 13を入れ、午前1時45分に自分の車に向かって歩いていたところ、別の車が彼の隣に停車したそうです

2人の男が飛び出してきて、バッグを渡すように要求した、300台のiPhoneを渡したくない被害者は抵抗し、最終的に顔面を殴られた後、バッグの1つを持ち去られました

バッグには95,000ドル相当のiPhoneが125台入っていました、警察によると、問題の男は自分の中小企業を通じてiPhoneを転売するために、Fifth Avenueの店から大量に購入していたとのことです

なぜ夜中の、午前1時に購入したのか、過去の購入習慣から特に狙われたのかは不明です

スポンサーリンク

AppleのFifth Avenueにある店舗は24時間営業で、早朝の買い物が可能です、Appleは当時、ブラックフライデーセールも行っており、泥棒たちもそれを知っていた可能性があります

ニューヨーク市警は強盗事件を捜査していますが、被害者は重傷を負ってはいません、容疑者と車両の特徴はまだ公開されていません

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)