Apple CEOのTim Cook、ワシントンで共和党議員らと会談

Apple CEOのTim Cook、ワシントンで共和党議員らと会談

Appleの最高経営責任者であるTim Cook氏は今週ワシントンD.C.を訪れ、共和党の有力議員と会談したと、Bloombergが報じています

Cook氏は、共和党が新年度に下院の主導権を握る準備を進める中で、共和党との関係構築を目指しているとされます

Cook氏はオハイオ州のJim Jordan氏、カリフォルニア州のDarrell Issa氏、ワシントン州のCathy McMorris Rodgers氏との会合を予定しているとのことです

Jordan議員とMcMorris Rodgers議員は、それぞれ下院司法委員会と下院エネルギー商業委員会を率いる、ハイテク業界を監督する委員会に関与する可能性が高くなりそうです

Appleは、App Storeのポリシーに大きな変更をもたらす可能性のある米国の独占禁止法に対処しています、超党派で5つの法案が検討されており、ちょうど今週、TwitterのCEOであるElon Musk氏は、Appleが「TwitterをApp Storeから締め出す」と脅し、Twitterでの広告を停止したと主張し、議員のAppleへの関心を促しました

スポンサーリンク


Bloombergが指摘しているように、Cook CEOの会議はMusk CEOがTwitterで暴言を吐く数週間前に予定されていましたが、Twitterが議題になる可能性もあります

例えば、Cook氏と会談したJim Jordan議員は、Musk氏を公に支持しています

Cook氏は、テキサス州の共和党上院議員John Cornyn氏、ニューメキシコ州の民主党上院議員Martin Heinrich氏、ハワイ州の民主党上院議員ブライアン・シャッツ氏とも会う予定で、Appleは規制当局をApp Storeに関する法律や同社の中国でのデバイス製造に関する質問から遠ざけようとしています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)