iPhone 14 ProモデルだけがA16 Bionicをサポートすると主張する別の報告書

iPhone 14 ProモデルだけがA16 Bionicをサポートすると主張する別の報告書

台湾の調査会社TendForceは、iPhone 14シリーズのProバリアントのみがA16 Bionicチップを搭載するという憶測に次ぐ最新情報です。安価なiPhone 14とiPhone 14 Maxは、iPhone 13のA15チップを維持すると予想されています

TrendForceの最近のレポートは、世界のスマートフォン生産に焦点を当てたものです、しかし、Appleが今年後半に4つの新型iPhoneを発売する計画については触れています

それによると、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro MaxだけがA16 Bionicを搭載することになります、著名なAppleのアナリストらがiPhone 14シリーズに関する以前の噂でも、この可能性が強調されていました

BloombergのMark Gurman氏は、新しいチップはProモデルを際立たせるのに役立つが、Appleの決定は現在進行形のチップ不足が原因かもしれないと語っています

スポンサーリンク


注目すべきは、AppleがiPhoneの主力モデルにバニラモデルとは異なるチップを搭載するのは今回が初めてだということです

同社は通常、iPhone SEを除いて特定の年に発売されるすべてのiPhoneに同じチップを搭載しています、例えば、AppleはiPhone 13、iPhone 13 mini、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxに同じA15 Bionicチップを搭載しています

噂では、今年は歴史が繰り返されないと確信していますが、Appleが2つのiPhone 14のバリエーションを他のラインナップとは異なるプロセッサで装備するかどうかは、9月まで待つ必要があります

一方、アナリストたちは、AppleがiPhone 14に常時オン・ディスプレイ (AOD) 、衛星通信機能、4,800万画素のプライマリ・カメラを搭載すると考えています、デザイン面では、新しいiPhoneにはディスプレイのノッチに代わるホール+ピル型の切り込みがあり、前世代より角が丸みを帯びていると予想されています

(Via iJunkie.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)