Unbox Therapy、iPhone 14 Pro Maxレプリカをハンズオンで公開

Unbox Therapy、iPhone 14 Pro Maxレプリカをハンズオンで公開

YouTuberのUnbox Therapyが、Appleの新しい次期フラッグシップスマートフォンの詳細な回路図と寸法にアクセスできるサードパーティーのケースメーカーが作成したレプリカだとするものを使って、iPhone 14 Pro Maxのハンズオンルックを公開しました

2022年には、iPhone 13 Proのラインナップと同様に、6.1インチのiPhone 14 Proと6.7インチのiPhone 14 Pro Maxが予想されていますが、今回のProモデルは、Face IDコンポーネントと前面カメラをそれぞれ格納するために、ピル型と円形の2つのディスプレイカットを備えていると言われています

今回の例では、端末の端にアンテナバンドがなく、電源ボタンと音量ボタンが若干大きくなっていますが、これらの違いの精度は確認できていません


スポンサーリンク


それ以外の点では、このレプリカは、91 Mobiles、Max Weinbach、ShrimpAppleProが共有した他の図や測定値と大まかに一致するiPhone 14 Pro Max用のデザインを備えています

著名なAppleアナリストであるMing-Chi Kuo氏によると、iPhone 14 ProとiPhone 14 Proの背面カメラ配列のサイズが大きくなったのは、新しい48MPのワイドカメラシステムのためだそうです

2022 05 16 21 46 12

48MPのカメラシステムは、iPhone 14 Proのカメラに限定されると予想され、8K動画撮影を許容しており、iPhone 13 Proの12MPのカメラと4K動画撮影能力を大きくアップグレードしています

このレプリカが正確であると仮定すれば、iPhone 13 Pro Maxのユーザーは、今年後半に発売されるAppleの後継モデルの感触を極めて身近に感じることができるというのが一般的な見方です

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)