Apple、2023年発売のiPhoneに搭載するペリスコープ用望遠レンズのサプライヤーと契約か

Apple、2023年発売のiPhoneに搭載するペリスコープ用望遠レンズのサプライヤーと契約か

Appleは、将来のiPhoneに搭載されるペリスコープカメラシステム用の望遠レンズ部品の新しいサプライヤーと契約を結んだと考えられているとThe Elecは報じています

韓国のJahwa Electronicsは2日、新しい光学式手ぶれ補正(OIS)アクチュエーターを生産するための工場建設に1,910億ウォン(約1億5,500万ドル)を投じる計画だと発表しています

The Elecの以前の報道によると、Appleは2021年上半期にJahwa Electronicsの新しい施設を訪問し、Jahwaが来年からAppleにOISアクチュエータの供給を開始できるように、この投資が行われている可能性が高いとのことです

Appleは通常、部品メーカーに自社専用の生産ラインを建設してもらうが、亀尾に建設する新工場は、完成後にAppleの承認を得なければならず、完了までに1年を要します

スポンサーリンク


OISとオートフォーカス機能を一体化したOISアクチュエータは、2023年のiPhoneに搭載される望遠カメラに搭載される可能性が高く、Elecはこれまで、これらの部品を潜望鏡カメラシステムに接続して、光学ズームを拡大できるようにしていました

iPhoneにペリスコープレンズが搭載されるといううわさは2020年初頭から出回っており、著名なアナリストであるMing-Chi Kuo氏が最初にその可能性に言及しています

Kuo氏は当初、ペリスコープレンズが「iPhone 14 Pro」の機能になると述べていましたが、今回、アナリストのJeff Pu氏も予測しているように、このレンズタイプが「iPhone 15 Pro」に搭載されると予想しています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)