iPhone 14は新5Gチップの採用でバッテリー駆動時間が改善され可能性がある

iPhone 14は新5Gチップの採用でバッテリー駆動時間が改善され可能性がある

今年後半には、AppleはおそらくiPhoneの新シリーズを発売するでしょう、そしておそらくiPhone 14と呼ばれるはずです、また、同社は将来の携帯電話のバッテリー寿命全般についても改善を図っているようです

台湾のEconomic Daily Newsの報道によると、Appleは同社のiPhoneに搭載される5Gチップに関して、今年後半のiPhone 14から変更を加える意向だと言います

この報道によると、AppleはSamsungからTSMCに乗り換え、TSMCはSamsungよりも小さな5Gチップを提供すると言い、さらに、AppleはTSMCとも全面的に提携し、5Gチップに関するあらゆるニーズに対応することを選択したようです

ここでの主なポイントは、もしAppleがこの路線を取るなら、iPhone 14はバッテリー寿命が顕著に改善されるかもしれないということです

スポンサーリンク


iPhone 13のラインアップは、特にPro Maxのバリエーションでバッテリー寿命が十分であることは周知の事実ですが、それは通常5Gをオフにした場合です、Appleの目標はおそらく、iPhoneユーザーが5Gをオフにしていないときに全体のバッテリー寿命を向上させ、スマートフォンを常に「最大限」活用できるようにすることでしょう

このレポートは、TSMCの新しい5Gチップは、6nmアーキテクチャをベースにしていると続けています、また、この新しいチップは、Wi-Fi 6Eもサポートするようになると伝えられています

AppleはiPhone 13のラインナップに、より高速で高性能なWi-Fiオプションのサポートを追加する予定だと噂されていましたが、それは実現しませんでした、だから、iPhoneの次のバージョンが、その噂の通りであれば、それは理にかなっています

(Via iDownloadBlog.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)