Apple、iOS 15.4ベータ版でAirTagのストーカー防止アラートを追加

Apple、iOS 15.4ベータ版でAirTagのストーカー防止アラートを追加

Appleは、アイテム追跡アクセサリーAirTagの発売以来、デバイスのソフトウェア機能を微調整し、実際にはその人のものではない人や物をストーキングしにくくすることに取り組んできました、そしてそれは、iOS 15.4でも続いています

今月10日、Appleは望まないAirTag追跡との戦いに関する計画のいくつかを詳述しました

同社は、新しい安全警告とともに、新しい警告を追加する方法を説明しました、そして、最新のiOS 15.4のベータ版の到着で、Appleはその約束を果たそうとしています
AirTag iOS 15 4
新しいAirTagを設定すると、そのトラッキングデバイスがその個人のApple IDに直接関連づけられ、その人のデータが含まれていることが明らかになるようになりました

スポンサーリンク


また、ポップアップには、本人が知らないうちにAirTagで誰かを追跡することは、”世界中の多くの地域で犯罪となる”と書かれています

さらに進んで、「探す」アプリ自体にも新しい要素が追加され、ユーザーがもう少しコントロールできるようになることが期待されています

報告書によると:

最新のiOS 15.4ベータ版の「Find My」アプリには、「Find My」と「Tracking」の特定のオプションを別々に変更できる新しい通知設定も搭載されています。さらに、Appleは、誰かと一緒に移動していることが検出されたアクセサリーの種類をより明確にすることも行っています(AirPodsのペアであることを指定するなど)

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)