iPhone 15 Pro、5倍ズームのペリスコープレンズを搭載すると再び噂される

iPhone 15 Pro、5倍ズームのペリスコープレンズを搭載すると再び噂される

ほとんどの噂は2022年のiPhoneに向けたものですが、中にはすでに2023年のiPhoneの予想を立てているものもあります

新しいレポートでは、アナリストのJeff Pu氏が、iPhone 15 Proモデルには光学5倍ズームのペリスコープレンズが搭載されると主張しています

同アナリストによると、Appleは2023年のiPhoneに搭載される潜望鏡レンズの主要サプライヤーとなる見込みのLante Opticsと交渉中であるとのことです、Appleはすでに部品サンプルを受け取っており、5月までに最終決定がなされるはずだと報じています

部品が承認されれば、Appleは2023年のiPhoneラインナップのうち、iPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Maxと呼ばれると想定されるハイエンドモデルにペリスコープレンズを搭載することになるそうです

Jeff Pu氏によれば、両社の取引が成立すれば、Lante OpticsはAppleに1億個以上の部品を供給することになり、同社の収益に大きな好影響を与える可能性があるとのことです

スポンサーリンク


AppleがiPhone15にペリスコープレンズを搭載すると噂されるのは今回が初めてではありません、アナリストのMing-Chi Kuo氏による以前のレポートでも、同社がより優れた光学ズームのために「2023年のiPhone」にペリスコープレンズを搭載するよう取り組んでいると言及されていました

ペリスコープレンズは、カメラセンサーに対して90度の角度で複数の内部レンズへ光を反射させるプリズムに依存しています

これにより、レンズの長さを望遠レンズよりもはるかに長くすることができ、その結果、光学ズームを大幅に向上させることができます

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)