iPhone 14 Proの大規模なデザイン変更の新情報で詳細が明らかに

iPhone 14 Proの大規模なデザイン変更の新情報で詳細が明らかに

iPhone 14の発売まであと9ヶ月近くありますが、すでに噂は盛り上がってきています

BloombergのMark Gurman氏とMing-Chi Kuo氏による、iPhone 14 Proはノッチから離れ、ホールパンチ型のカメラカットアウトを採用するという報道に続き、TwitterのDylan DKT氏が、この大きなデザイン変更について興味深い新事実を追加しています

Dylan氏によると、、Appleは「iPhone 14のプロモデルにホールパンチカメラ」を導入する計画だと言います、また、Face IDハードウェアは初めてディスプレイの下に配置されるため、ベゼルがさらに薄くなる可能性があります

AppleはFace IDを開発してきたので、「これらのセンサーの機能はこの変更によって悪影響を受けることはありません」と彼は付け加えます

さらにDylan氏によると、カメラの穴は「ピル型」になります、つまり、ほとんどのAndroid携帯で使われている丸ではなく、細長いデザインになります

スポンサーリンク


SamsungはGalaxy S 10+に楕円形のデザインを採用して2つの自撮りカメラを搭載したことがありますが、Appleが以前にうわさされレンダリングされた円 を使わない理由は不明です

しかし、AppleがiPhone 14のデュアルフロントカメラに移行するという噂はありません

Dylan氏によると、それらのセンサーはすべて、ユーザーから見えないようにディスプレイの下に配置されるようになるとのことです

噂では、この新しい画面はiPhone 14 Pro専用で、通常のiPhone 14はノッチを残すとされています

これは、デザインの変更ではなく、機能によってラインを分けてきたiPhoneにとって、大きな変化を意味します、iPhone 14 Proで予定されているその他の機能強化には、より高解像度のカメラとチタン仕上げがあります

(Via Macworld.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)