米国ではティーンエイジャーの87%がiPhoneを所有

米国ではティーンエイジャーの87%がiPhoneを所有

最新の調査によると、米国のティーンエイジャーの実に87%がiPhoneを持っており、88%が次のiPhoneがiPhoneになることを望んでいます、これは、同国でiPhoneを使用する10代の若者の数が大幅に増加していることを示しています

調査会社Piper Sandlerは、米国のティーンエージャーを毎年2回ほど調査しています

直近の調査では、2021年8月17日から9月16日の間に米国の44の州で1万人のティーンエイジャーを対象に調査が行われました、前回のレポートと比較すると、iPhoneを所有しているティーンエージャーは1%多くなっています

また、回答者の88%が次にiPhoneを購入したいと考えていると言います、この統計は前回の調査と比較して1%の減少を記録しました

この調査レポートでは、Appleのブランドとしての強さを反映して、どちらの統計も今回の調査では「過去最高に近い」としています

スポンサーリンク


このほか、今回の調査では、回答者の15%が今後6ヶ月以内にApple Watchを購入する予定であり、2021年春のレポートの13%から増加していることが判明しました

また、Appleのウェアラブルは39%がお気に入りだと答えているので、ティーンエイジャーの間で最も人気のある時計であることがわかります

ティーンエイジャーは、35%がお気に入りだと回答したロレックスよりもApple Watchを好んでいます、Apple Watchの所有率も、2021年秋のレポートの25%から上昇し、30%に急増しています

この調査のその他の興味深い統計として、10代の若者の85%が現金を使用しており、前回の83%から増加しています

Apple Payは、調査対象者の間で2番目に人気のある決済手段であることに変わりはありませんでした、PayPalやGoogle Payよりも多く利用されていました

(Via AppleWorld.Today.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)