最新のiPhone 13ダミー、標準モデルに来る新しい対角デュアルレンズカメラ配置を示す

最新のiPhone 13ダミー、標準モデルに来る新しい対角デュアルレンズカメラ配置を示す

次期「iPhone 13」のダミーモデルが、リーカーのDuanRui氏によってオンラインで公開されました

このダミーモデルは、標準サイズの「iPhone 13」に搭載される新しい対角線上のデュアルカメラの配置と、「iPhone 13」シリーズの前面にあるわずかに小さいノッチを示しています

このモデルは、以前に噂になったダミーや回路図を反映したもので、iPhone 13とiPhone 13 Miniに搭載される新しいカメラの配置や、iPhone 13 Proの全体的なデザインの厚さとカメラのバンプの大きさを示しており、iPhone 13 Pro Maxで予想されるバンプの大きさと一致しています

今年、Appleは「iPhone 13」でいくつかの注目すべきカメラの改良を行うと予想されています、新しい「Pro」モデルには、より広いF1.8の開口部、6枚のレンズ、オートフォーカスを備えたアップグレードされた超広角カメラレンズが搭載される可能性が高く、一部の噂では、超広角のアップグレードがiPhone 13の4つのモデルすべてに搭載される可能性があると言われています

IPhone 13 Dummie 00002

スポンサーリンク


センサーシフト方式の手ぶれ補正は、iPhoneの全ラインアップに拡大され、低照度でのパフォーマンスの向上と手ぶれの軽減による手ぶれ補正が導入されると予想されており、この機能は、ワイドレンズとProモデルのウルトラワイドレンズに搭載されると噂されています

また、ある噂では、新しいiPhoneモデルでは、ポートレートモードの動画を撮影できるようになるとも言われています

さらに、iPhone 13モデルには、空を撮影するための天体写真カメラ機能が搭載されるという噂もあります

IPhone 13 Dummie 00003

これには、iPhoneを空に向けると起動する特別なモードが含まれる可能性があり、月や星などの人工物を検出して露出を調整することができます

この噂が正確であれば、これらの改善のためには、カメラのバンプを若干大きくする必要があると思われますが、ある情報筋によると、個々のレンズの本体からの突出は少なくなるかもしれません

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)