Appleのリードタイムが示唆するMacとiPadのベストシーズンの到来

Appleのリードタイムが示唆するMacとiPadのベストシーズンの到来

過去12ヶ月間、MacとiPadの需要は、デジタルトランスフォーメーションと、どこでも仕事や学習ができるという追い風を受けて、好調に推移してきました

Appleの3月の決算説明会で、経営陣は、供給上の制約から、この2つのセグメントで6月の四半期に合わせて30〜40億ドルの逆風を予想し、「需要ではなく供給であることを期待している」と述べました

Appleのリードタイムを調べてみると、同社の予想は正しく、6月の四半期を終えた時点でも需要が供給を上回っていることがわかります、結局のところ、需要の追い風は、供給の逆風よりもはるかに強く、持続可能であると考えられます、iPadやMacの一部モデルの納期は1ヶ月以上先になります

Apple Mac iPad 00002
リードタイムの解釈は科学よりも芸術に近いものがありますが、需給が均衡している時期には、リードタイムは通常2営業日以内であることを確認しています

なお、6月はAppleにとって最も遅い四半期であり、需要と供給のバランスを取るためには、この四半期が最適だと考えています

振り返ってみると、3月の四半期は、MacとiPadがそれぞれ70%と79%の伸びを示し、全体の売上も54%の伸びを示したことから、多くの人がAppleにとっては好調だと考えています、私たちは、まだ完全には理解できないデジタルトランスフォーメーションの加速により、Appleにとって状況はさらに良くなっていくと考えています

スポンサーリンク

MacとiPadの成長は続く

マイナス面では、供給面での制約が解消されるまでにあと数ヶ月かかると思われ、9月期のMacおよびiPadの業績は若干低下する可能性があります

一方、ポジティブな面では、「どこでも仕事ができる」「どこでも勉強ができる」という追い風に加え、MacのラインアップがM1チップに移行しつつあることから、需要の高まりが長続きすると考えています

なお、MacBook Pro 16インチ、iMac 27インチ、Mac Proは、今後1年から1年半の間にApple Siliconチップへの移行が予定されており、これらのモデルは、Macの売上の約30%を占めると推定しています

デジタルトランスフォーメーションについては、企業、学校、一般消費者がハードウェアの装備やアップグレードを選択するという、新しいハイブリッドパラダイムの初期段階にあります

Apple Mac iPad 00003
これに基づき、MacとiPadは、2022年度、2023年度、2024年度、2025年度において、それぞれ8%、7%、6%、4%の収益成長が可能であり、コンセンサス予想を上回ると考えています、なお、パンデミック前の5年間では、MacとiPadはおおむね横ばいで推移していました

(Via Loup Ventures.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)