iPhone 13 Proはオートフォーカス付きの超広角レンズを搭載、来年には通常モデルにも登場か

iPhone 13 Proはオートフォーカス付きの超広角レンズを搭載、来年には通常モデルにも登場か

アナリストのMing-Chi Kuo氏は今年初め、Appleが2021年後半に投入されると予想される「iPhone 13」の一部モデルに、強化された超広角レンズを開発していると予測していました

新しいリサーチノートの中で、Kuo氏は、iPhone 13 Proにはオートフォーカス付きの超広角レンズが搭載されると強調しています

Appleが現在使用している超広角レンズは固定焦点です、つまり、特定の物体に焦点を合わせることができません

オートフォーカスを使用すると、広角レンズや望遠レンズと同じように、レンズを調整して焦点を合わせたい場所を選択できます

スポンサーリンク


オートフォーカスに加えて、Kuo氏はiPhone 13 Proの超広角レンズは5つではなく6つの要素を持ち、その結果、より良い画像と動画が得られるだろうと主張しています

iPhone 12では、AppleはDeep FusionとNight Modeを搭載した超広角レンズを大幅に改良しましたが、それでも他のレンズと同等の品質を提供していません

Kuo氏のメモによると、アップグレードされた超広角レンズを搭載するのは今年のiPhone Proモデルだけです

しかし、Appleは2022年には次世代iPhoneの全モデルに同じ改善をもたらすと予想されていると同氏は述べています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)