iPhone 13 Proモデル、120HzのProMotionリフレッシュレートと15~20%の消費電力削減を実現

iPhone 13 Proモデル、120HzのProMotionリフレッシュレートと15~20%の消費電力削減を実現

台湾のDigiTimesが引用した業界筋の情報によると、次期「iPhone 13」のプレミアム「Pro」モデル2機種には、低消費電力のLTPOディスプレイが搭載され、120Hzのリフレッシュレートが可能になるとのことです

本日のレポートによると、AppleのサプライヤーであるSamsungとLG Displayは、Appleの次期iPhone用のLTPO OLEDパネルを生産するために、生産能力の一部を転換しているところで、LTPSディスプレイからLTPOへの生産の完全な転換は、2021年前半に完了するようです

上半期にLTPO生産への引き継ぎが完了したとしても、開発プロセスのステップが追加されるため、生産能力は従来よりも低下します

BOEは、中国国内の工場のひとつに新設された「Apple専用」セクションで、LTPOパネルのテストを行っていると報じられています、同レポートでは、BOEが「2020年12月にOLEDパネルを供給するというゴーサインをアップルから得た」と記されています

スポンサーリンク


昨年、Appleは2020年のiPhoneにLTPOディスプレイを採用し、リフレッシュレート120HzのProMotionを実現すると広く予想されていました

多くの報道にもかかわらず、ディスプレイアナリストのRoss Young氏は昨年7月、「iPhone 12のラインナップにはデビューしない」と正確に予測し、代わりに2021年のiPhoneで120Hzを実現すると予測していました

Appleが直面している可能性のあるもっともらしいハードルは、より高いリフレッシュレートがもたらす電力消費の増加です、iPhone 13 Proモデルは、新しいディスプレイでも消費電力を15〜20%削減できると報告しています

このレポートでは言及されていませんが、電力効率の向上は、新しい携帯電話に搭載される予定のA15チップのおかげであると考えられます

Appleは、2018年のiPad Proで初めてProMotionをデビューさせ、その後Apple Watchにも展開していますが、iPhoneにはまだ搭載されていません

現在の60Hzと比較して120Hzの高いリフレッシュレートは、スクロールやゲームの際にスムーズな体験を提供します

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)