iPhone 12は、4つのバリエーション、より小さなノッチ、Pro専用LiDARスキャナ

iPhone 12は、4つのバリエーション、より小さなノッチ、Pro専用LiDARスキャナ

YouTuberのJon Prosser氏が投稿したiPhone 12シリーズは、これらのデバイスに関するかなり新しい情報を明らかにしています

リーク情報によると、iPhone 12ラインアップの試作段階はほぼ完了ししています、通常は毎年1月末までに行いますが、今回はコロナウイルスの発生により遅れが出ています

リーク情報によると、2020年のiPhone 12ラインアップは4つのバリエーションで構成されます

このラインアップには、コードネーム 「D52G」 と呼ばれる5.4インチのiPhone 12とコードネーム 「D53G」 と呼ばれる6.1インチのiPhone 12が含まれてます

他の二つのハイエンドiPhoneはコードネーム 「D53P」 の6.1インチiPhone 12 Proとコードネーム 「D54P」 の6.7インチiPhone 12 Pro Maxを含みます


スポンサーリンク


Appleが2つの廉価版iPhoneにアルミニウムボディを採用したのは、価格を抑えるためであることは理解できます、これらのデバイスのデュアルカメラのセットアップは、現在iPhone 11で見られるものと似て広角と超広角です

望遠センサーとLiDARスキャナーは 「Pro」 シリーズ専用となり、iPhoneの4モデルは前面に小さなノッチがあるが、どれだけ小さいかについては言及されていません

IPhone 12 4variation 00002

2019年からの噂では、2020年のiPhoneはより小さなノッチを搭載すると指摘していました

これらのデバイスで使用されているディスプレイ技術に関しては何も発表されていないが、これまでの噂では、Appleは2020年のiPhoneラインアップでOLEDディスプレイに切り替えたとされています

最小の5.4インチiPhone 12は、iPhone 8と同じサイズになると予想されてます、Appleはベゼルを縮小し、Touch IDを廃止してFace IDを採用することで、同デバイスにより大きなディスプレイを搭載できるようになります

(Via iPhone Hacks.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)