2020年に6.7インチiPhoneに搭載されるセンサーシフト式手ぶれ補正、2022年にペリスコープレンズ

2020年に6.7インチiPhoneに搭載されるセンサーシフト式手ぶれ補正、2022年にペリスコープレンズ

Appleは、2020年にリリースされる6.7インチのiPhoneのハイエンドモデルを計画していると噂されており、複数の報道によると、このデバイスは、より良い画質のためにより多くの光をキャプチャする大型センサーを含む複数のリアカメラの改善を特徴とすることが示されています

アナリストのMing-Chi Kuo氏は、6.7インチのiPhoneにはセンサーシフト式手ぶれ補正機能が搭載されると述べました、また、このテクノロジーが2021年に2〜3つの新しいiPhoneモデルに拡大すると予測しています

センサーシフト技術により、6.7インチモデル以降の将来のiPhoneの超広角レンズに手ぶれ補正機能をもたらす可能性があります

iPhone 11 Proモデルは、写真とビデオの両方に対して光学式手ぶれ補正を備えていますが、ワイドまたは望遠レンズを使用している場合のみです

安定化はカメラセンサー自体に適用され、特定のレンズに依存しないため、センサーシフトテクノロジーはこれに対するソリューションを提供します

センサーシフト式の手ぶれ補正は、OlloClipのような取り付け可能なレンズアクセサリーでより良いショットをもたらす可能性があります

スポンサーリンク


台湾の業界誌DigiTimesはまた、センサーシフト式の手ぶれ補正技術が今年6.7インチiPhoneに搭載されると主張しているため、この噂を裏付ける複数の情報源があります

このレポートは、2020年に噂されている2つの6.1インチiPhoneのハイエンドモデルでも利用できると主張しているが、前述のように、Kuo氏はこの機能が来年まで6.7インチiPhoneに限定されると予想している

噂されている6.7インチiPhoneは、これまでで最大のiPhoneディスプレイを備えています。このデバイスは、iPhone 11 Pro Maxよりも若干背が高いと噂されています

Kuo氏は、2022年 iPhoneモデルの少なくとも1つがペリスコープレンズを搭載すると予測しました、これにより、HuaweiのP30 Proのような5倍の光学ズーム、またはデバイスのP40 Proの後継機で噂されている10倍の光学ズームが可能になります

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)